カテゴリ:ラーメン二郎 > ラーメン二郎 JR西口蒲田店

令和元年10月11日金曜日
ラーメン二郎 JR西口蒲田店
今日閉店のJR西口蒲田店。流石に最終日だから行かないわけにはいかない。
IMG_4271
午後4時頃に店舗前に到着したが、ドアが完全に開いており、メガネの中年助手が片付けをしていた。その他に店主と知り合いと思われる若い男性が店内にいた。
まだ早いと思い、蒲田駅前を徘徊。
午後4時45分頃に店主がスクーターで出勤。
雨が降ってきたので雨宿りのために並び始めるか迷っていると、太ましい女性客に「並んでますか?」と尋ねられたので、並ぶことにした。最終日のPPを獲得。最初で最後のJR西口蒲田店PP。
IMG_4272
この景色ももう見られない。
IMG_4273
3番目に並んだ男性客から「何時から並んでるんですか?」と聞かれた。その男性客は私の後ろの女性客と私がカップルだと誤解していて、微妙な気分になった。
刻一刻と開店時間が迫っている。客は増え続けた。
午後5時58分に開店。
店主とメガネの中年助手の2人体制。
IMG_4274
大ダブルの食券を購入。
IMG_4275
私はPPだったが、前述の店主の知り合いとその妻(と生後間も無い赤子)が既に入店していた。
IMG_4277
JR西口蒲田店のおいしい水。
IMG_4278
おいしい水。有限会社ワキミズの為せる業。
午後6時14分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender

大ダブル(1050円)。ヤサイニンニクアブラカラメトウガラシ。

IMG_4291
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。ブタは食べ応えがある。非乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
IMG_4296
感慨深い一杯だった。
IMG_4292
別角度からの麺画像。昨日とは茹で加減が違った。モッチリとした仕上がり。
IMG_4294
ブタはメガネの中年助手の気まぐれか厚切りにカットされたもの(厚さ1cmくらい)が入っていた。ありがとうございます。
完飲直前に隣に座ったオタク(顔のニキビ跡がアレな太っちょ)が水の画像を撮影していた。その後、Twitterを見ると、案の定、JR西口蒲田店を揶揄するツイートが...。味については個人の感想だから今まで許容してきたが、最終日くらいはそのようなツイートは控えろよ...。誹謗中傷のためにわざわざ金を払う神経が理解できない。
IMG_4298
退店時にはこれくらい並んでいた。
横浜関内店や中山駅前店を輩出した旧鶴見店(現JR西口蒲田店)。その系譜はこれからも引き継がれることだろう。
長い間お疲れ様でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和元年10月10日木曜日
ラーメン二郎 JR西口蒲田店
9月末に突然の閉店発表があったJR西口蒲田店。一昨年12月に行って酷評してから足が遠退いていたが、流石に最後くらいだから自分の中での評価をプラスにしたいと思い、JR西口蒲田店へ行った。横浜関内店の周年祭にも行ければ良かったが、9日水曜日に開催してしまった...。11日であれば行けたのに...。
午後5時頃に東京駅に到着。
午後5時27分頃に蒲田駅に到着。
急いでJR西口蒲田店へ向かった。
午後5時30分頃に到着。その時点で私は先頭から数えて11番目だった。
IMG_4211
まだ電気は点灯していなかった。店先のタペストリーは既に撤去されていた。
後ろに並んだ人が8月に会津若松駅前店で会った人だった。奇跡の再会。聞くところによると、閉店前に訪問しておきたかったらしい。
IMG_4212
午後6時に看板が点灯。同時に開店。開店時には20人以上並んでいた。
IMG_4214
これももう見納め。
IMG_4215
有限会社ワキミズ。「ワキミズ」だから水が美味しいのか。
IMG_4216
冷水機。3回しか来たことがないので、冷水機まで覚えていなかったが、この型なのか。
IMG_4217
券売機。これももう見納め。ぶたダブルは売り切れだった...。が、某氏が売り切れでも現金で対応してくれると言っていたことを思い出したので、ダメ元で店主に頼むと対応してくれた。ありがとうございます。
小は量が少ないので、大にした。
IMG_4221
JR西口蒲田店のおいしい水。一部界隈では水が一番ウマいらしい。
IMG_4222
別アングルからもう一枚。
IMG_4223
JR西口蒲田店のトイレ。噂によれば、店主の喫煙ルームになっていたそうだ。
IMG_4224
無造作に詰め込まれた割箸。ここ数日の閉店需要のため見られないかと思ったが、この箸の束も平常運転。
IMG_4225
おいしい水を作る冷水機。どこかの店舗もこの型だと思ったが、どこの店舗かは忘れた。
店主と3月に越谷店に挨拶に来ていたメガネの中年助手の2人体制。
ファーストロットは9杯提供。私はセカンドロットになった。
店主の所作がよく見える席だった。
午後6時24分に店主が茹で釜に麺を投入していた。
助手はブタを切ったり、ヤサイを茹でていた。
午後6時31分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender

大ダブル(1050円)。ヤサイニンニクアブラカラメトウガラシ。

IMG_4241
平打ちの中太ストレート麺はグミグミとしている。
IMG_4242
ブタはやわらかい。
FullSizeRender
非乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
FullSizeRender
今までJR西口蒲田店は私の中で低評価止まりだったが、今回の一杯はその評価を覆すクオリティだった。麺は小麦の香りが豊かなもの。グミグミとした食感がクセになる。ブタは相変わらずの薄切りで残念だったが、仙台店のブタを少し薄くした感じだ。スープはあっさりとしていてグビグビと飲めるもの。
来て良かった。
退店時にも列は途切れることもなく続いていた。雨が降っていた。
食後はトウガラシのせいか汗がダラダラと出た。
そして、足立区在住のN氏の家に行った。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年12月7日木曜日
ラーメン二郎 JR西口蒲田店
JR西口蒲田店と新宿歌舞伎町店に行けば今年中に全店舗周ったことになるので、前者へ。
JR西口蒲田店はメルマガもTwitterもやってないので、臨時休業が怖かった。
某政治サークルのI氏も一緒だった。

午後6時30分頃に到着。営業していた。
厨房内には店主とJR西口蒲田店では初めて見るメガネの中年助手がいた。店主は前回よりも太っていた。助手はどこかで見たことのある人だった。豚星。の製麺室にいた人か、昨年長期休業明けに府中店にいたメガネの人に似ていた。前回訪問した時にいたワイルド系助手はいなかった。恐らくワイルド系助手が登良治郎を開業したのだろう。いつか行きたいが、白楽まで行く用事はないんだよなあ。
小ダブルが売っていたのでポチッとボタンを押した。すると、売り切れボタンが点灯した。
例の「蒲田マジック」も発動していた。
助手から「ニンニクとトウガラシどうしますか?」と訊かれて、困惑した。


小ダブル(950円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
平打ちの中太ストレート麺はクニュっとしている。
ブタは脂身が多い。薄切りである。塩気が強い。
非乳化スープは醤油が強い。酸味が感じられる。塩っぱい。ヤサイは素材本来の味がする。完飲。
トウガラシを入れると酸っぱくなると言う人がいたので、その説を参考に、トウガラシだけ入れなかったが、相変わらず酸っぱかった。スープが絶望的に不味い。うーん、これは総帥の指導が入っても良いと思う。はっきり言って、次はないだろう。I氏も酷評していた。
明日は八王子野猿街道店2ののりたまつけ麺でお口直しかなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年11月6日日曜日
ラーメン二郎 JR西口蒲田店
今日は完全に自炊する気が起きず、日曜日でも営業していて、かつ、交通費のあまりかからないこちらへ。
IMG_4981
午後1時15分頃に到着した。
午後1時35分頃に着丼。
IMG_4982
小ブタ(830円)。ニンニク少なめヤサイアブラカラメトウガラシ。ヤサイの盛りは控えめである。スープを掛けながら頂く。
IMG_4983
麺はやわらかい。麺量は少ない。物足りない。
IMG_4984
ブタは小ぶりで渦状に巻いたもの。やわらかい。4枚しか入っていない。
IMG_4985
スープは微乳化だが、醤油が酸っぱい。トウガラシは味にパンチを加えるのだろうが、スープが酸っぱすぎて全く感知できない。完飲は控える。
値段の割に内容が伴っていないという感想。行って後悔した。
IMG_4986
蒲田駅西口の集団は勝共連合だったらしい。「憲法」や「平和」というワードから共産党かと思い、運動員を無視してしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年4月26日火曜日
ラーメン二郎 JR西口蒲田店
大学の最寄駅から最安値(片道195円)で行けるラーメン二郎の一つであるJR西口蒲田店へ大学同期とともに訪問した(ちなみに、上野毛店も同額で行ける)。
小ブタ(830円)。ヤサイアブラマシニンニクトウガラシ少なめ。
ヤサイはシャキシャキしている。キャベツが比較的多い。麺はデロッとしたラーメン二郎特有のもの。スープは乳化しているが、酸っぱい。ブタは味染みが甘い。よく噛まないと味が感じられない。
トウガラシはスープに溶け込むが、微妙である。完飲。
大田区ということもあってか、客層が最悪だった。チンピラみたいな不届き者が多い。 具体的に言えば、着丼時にカウンターが高いので少しスープが溢れてしまったが、隣にいたクソリーマンに難癖を付けられて非常に気分を害した。アメリカだったら確実に食後に射殺するレベルで腹が立った。本当に◯んで欲しい。 復390円払うなら上野毛店に行ったほうがマシだと思った。

↑このページのトップヘ