カテゴリ:ラーメン二郎 > ラーメン二郎 茨城守谷店

令和元年5月3日金曜日
ラーメン二郎 茨城守谷店
今日は父親と千葉県の祖母宅へ行った。
その帰りに茨城守谷店へ。そう言えば、昨年5月3日にも茨城守谷店に行ったんだよな。
午後5時35分過ぎに店前に到着。ちょうど開店した頃だった。
駐車場に車を停め、列に接続。
豚増しが売り切れていたら帰るつもりだったが、杞憂に終わった。
店主と腕毛坊主の助手と若い男性助手と「ナカムラさん」と呼ばれているおばちゃん助手の4人体制。
店内には家族連れの客が多かった。店主はクセが強いので、「ラーメンは上と下を混ぜてからお召し上がりください。塩っぱいですので〜」「チーズはラーメンには入れずに、ラーメンをお召し上がりになって、スープを絡ませてお食べください」などと仰せになっていた。
午後6時4分に着丼。
FullSizeRender
IMG_1372

小ラーメン(750円),豚増し(150円),生卵(50円),玉ねぎ(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。ブタはやわらかい。微乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
FullSizeRender
食後に茨城守谷店向かいのカワチ薬品 守谷店へ。ニオイ消し用のリンゴジュースと特茶を購入した。
IMG_1378
午後6時36分の空。夕焼けが綺麗だった。ミリシタの『vivid color』のジャケットのような光景だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成31年1月25日金曜日
ラーメン二郎 茨城守谷店
今日は一つ嬉しいことがあった。現時点では詳細は言えないが、そのうち話せるようになるだろう。
某政治サークルのA氏は、ラーメン二郎関東制覇まで残すところ茨城守谷店だけという状況で、本日の夜に茨城守谷店に行くらしいので、私も行くことにした。序でに某政治サークルのI氏も誘った。
午後4時50分頃に守谷駅に到着。
A氏とI氏と合流し、南守谷駅まで関東鉄道常総線に乗った。
そこから徒歩で茨城守谷店まで行った。
午後5時15分頃に到着。PPの客に接続。
その後、男4人組が来た。
午後5時35分頃に開店。
新しくなった縦長の券売機を見ると、豚増しが売り切れだった。ガッカリしながら小ラーメンとうずらの卵の食券を買った。
店内を見渡すも、店主の姿が見えなかった。
腕毛坊主の助手と若い男性助手の2人体制だった。
悶々としながら着席した。
店主不在の場合は返金してもらって帰ろうと思った。ダメ元で若い男性助手に「豚増しないんですか?」と聞いたところ、「券売機が変わって、小ラーメン豚入りの食券は小ラーメンと豚増しに分離した」とのこと。そこで、「豚増しが売り切れになってますが...」と指摘したところ、若い男性助手が腕毛坊主助手に指示して、腕毛坊主助手が券売機の豚増しを買えるようにした。良かった。
IMG_8535
そして、店の奥から店主が登場。「ナカムラさん」と呼ばれているおばちゃん助手もいた。
午後5時51分に着丼。
FullSizeRender
IMG_8530
小ラーメン(750円),豚増し(150円),うずらの卵(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_8531
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。
FullSizeRender
ブタは食べ応えがある。非乳化スープは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
ブタがバラ肉から腕肉に変わったらしく、豚増しにしてもあまり胃に負担にはならなかった。ブタは6枚入っていて大満足。「アブラ」コールはほぐし豚が乗るらしく、ヤサイと絡めて頂くと、ブタの塩気がホクホクのヤサイと合わさって、非常に美味しい。麺はムニュッとした食感で、少し多いと感じたが、スープが程良い醤油の味わいだったので、スルスルと箸が進んだ。
A氏はせっかくの関東制覇だというのに食べ残しをしていた。ギルティ。I氏曰く、「麺少なめでも本店より多い」とのこと。
前回来た時はコナカだった建物が業務スーパーになっていた。業務スーパーには特茶が売っていなかったので、通りの向かいにあるカワチで特茶を買った。
帰りは寒かったので、守谷駅まで徒歩で行くというルートは採らず、南守谷駅から関東鉄道常総線に乗った。
そして、つくばエクスプレスで東京に戻ったのだった...。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年5月3日木曜日
ラーメン二郎 茨城守谷店
今日は父親とともに祖母の家に行った後に車で茨城守谷店に行った。
午後4時30分頃に到着。
祝日だから混むと思ったが、その時点では人はいなかった。店のダクトから漂う香りを嗅ぐと、営業しそうな感じであった。良かった。
IMG_3779
開店時間頃になると、店の裏側(?)まで客がいた。
午後5時35分頃に開店。
豚入りダブルが存命だったので、ポチッと。
父親は麺半分豚2枚(700円)を購入。
お持ち帰り豚も売っていたが、買わなかった。個人的には買いたかったが、この後実家に帰るので、その関係で断念。
ファーストロットは9人かな。
FullSizeRender
IMG_3782
小ラーメン豚入りダブル(1050円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_3783
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。小麦の香りが豊かである。ブタはやわらかい。味染みが良い。非乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。ヤサイはシャキッとしている。完飲。
IMG_3785
キツかった。今度から豚入りダブルは控えよう...。
ヤサイがシャキッとしていたことが意外だった。ファーストロットだったからか? 
後のロットで「守谷劇場」が見られた。テーブル席の3人組がコールタイム直前におしゃべりを店主に注意され、さらに、コールタイムになってもスマホを操作していて、店主が「うちはこういうお店だから、今から携帯電話を禁止します」とキレていた。
父親曰く、量が少ないので栃木街道店よりも味わえたらしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年11月28日火曜日
ラーメン二郎 茨城守谷店
今日は時間があるので、課題になっていたニンニク味のラーメンを頂きに遥々守谷へ。
午前10時5分に南守谷駅に到着し、徒歩でラーメン二郎 茨城守谷店へ。午前10時25分頃に到着した。開店待ち2人に接続した。
午前10時30分になっても開店しない。客が続々と来始めた。

午前10時40分頃に開店した。豚入りダブルはご存命であった。ところが、サードロットで売り切れた。横浜関内店並みの難易度だ。



小ラーメン豚入りダブル(1000円),ニンニク味のラーメン(50円),ニンニクの芽(50円),生卵(50円),玉ねぎ(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
非乳化スープはニンニクの風味が強い。豚出汁と醤油がシッカリと感じられる。
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。
ブタは食べ応えがある。赤身はギッシリと詰まっている。脂身はフワフワとしている。味染みが良い。ニンニクの芽はフニャフニャとしている。
生卵に麺とブタと玉ねぎを入れる。生卵の甘味が麺とブタを包み込む。完飲。
いや〜、キツかった。次回からダブルは遠慮しておこう。それくらいキツかった。同時に達成感も得られた。
道路の向かい側のカワチにて黒烏龍茶と煮出しの黒烏龍茶を買った。徒歩で南守谷駅へ戻り、守谷駅へ。つくばエクスプレスで都内へ帰った。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年8月3日木曜日
ラーメン二郎 茨城守谷店
今日は茨城守谷店のニンニクつけ麺を頂くために、二郎サークルのH氏とT氏と某政治サークルのI氏を誘って茨城守谷店へ。
行きの電車の中で今日は「いい卵」があることを知った。
午後5時30分に守谷駅に到着した。
南守谷駅には午後5時40分に到着し、そこから徒歩で店まで向かった。FullSizeRender
午後5時55分頃に到着した。既に開店済みだった。
IMG_9545
IMG_9546
IMG_9543
大ラーメン豚入りダブル(1100円),ニンニクつけ麺(100円),生卵(いい卵)(50円),うずらの卵5コ(100円),玉ねぎ(50円),白ネギ(100円)。ヤサイニンニクアブラ。
IMG_9544
つけ汁はニンニクの風味が強い。醤油も確かに感じられる。
IMG_9549
冷水で締められた麺はムニュッとしている。つけ汁との相性も抜群である。
IMG_9548
ブタは味染みが良い。食べ応えがある。
IMG_9550
玉ねぎや白ネギをつけ汁に入れる。サッパリ感がつけ汁に加わる。ぶつ切りの玉ねぎは辛さが少し感じられる。うずらは黄身が濃厚である。味染みも良い。ヤサイはクタ気味である。
IMG_9551
生卵は橙色に染まった黄身が濃厚でコクがある。
IMG_9552
生卵に麺とブタとつけ汁を入れて混ぜる。生卵の甘味とつけ汁のニンニク風味が良い塩梅で合わさる。完飲。
IMG_9553
ニンニクの風味が強すぎた。食後はしばらく吐き気が続いた。
FullSizeRender
食後はYouTuberであるH氏の動画撮影の手伝いをした。その後、一行はイオンタウン守谷に行き、「三太郎の日」特典のドーナツを買った。
秋葉原に着いたのは午後10時を過ぎた頃だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ