カテゴリ:ラーメン二郎 > ラーメン二郎 小岩店

平成29年5月6日金曜日
ラーメン二郎 小岩店
今日は2限が終わった後に小岩店に行った。
午後1時5分頃に小岩駅に到着した。
午後1時15分頃に不潔なデブ客の後ろに接続した。
脂っKOIWAは売り切れだった。
午後1時40分に着丼。
IMG_8307
IMG_8308
小ラーメン(700円),豚増し券(150円),煮玉子(100円)。ニンニク少なめヤサイアブラカラメ。
IMG_8309
中太の平打ち麺は芳醇な小麦の香りが感じられる。旨すぎて箸が進む。
IMG_8310
ブタはホロホロと口の中で解れるもの。小ぶりのブタの中に旨味が凝縮されている。
IMG_8311
非乳化スープはアッサリしていて飲みやすい。醤油がしっかり感じられる。
IMG_8312
煮玉子は和風出汁が効いている。黄身が半熟で旨い。卓上の魚粉は味変として活用できる。完飲。
IMG_8313
今年1月以来の訪問だったが、レベルの高い一杯だった。丁寧な作り込みである。
帰りの電車の車内があり得ないくらい公衆便所のニオイがして嗅覚が腐りそうだったので、車両を変えた。
全く小岩店とは関係ない話ではあるが、Foursquareでラーメン二郎 めじろ台法政大学前店が削除されたことが気に食わない。めじろ台法政大学前店とめじろ台店は連続性のあるものだと思っているので、前者の名称や住所を変更してめじろ台店として登録するために何度も報告しているが、頭の悪い運営にはそれが理解できないらしい。先例を言えば、歌舞伎町店が新宿歌舞伎町店として新装オープンした時、及び、西台駅前店が高架下の旧店舗から現在の仮店舗に移転した時には、前のチェックインを引き継いだ。新たにめじろ台店としてチェックインが作られるならば、めじろ台法政大学前店から累計した訪問回数が分かりづらくなる。土曜日までにこの瑕疵が直らなかった場合、フィードバック機能を使おうと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年1月10日火曜日
ラーメン二郎 小岩店
今日は明治時代の某思想家の誕生日ということで大学は休みだった。絶好の機会なので数量限定の脂っKOIWAのために小岩店へ。
午前10時15分頃に到着。並びは16人だった。
平日の午前10時は普通の社会人なら働いている時間だが、この列に並んでいるジロリアンはアブノーマルのようだ。
IMG_6027
脂っKOIWAを購入できた。良かった。もし売り切れだったらキレていただろう。
IMG_6031
IMG_6030
小ラーメン(700円),豚増し券(150円),煮玉子(100円),脂っKOIWA(50円)。ニンニク少なめヤサイアブラカラメ。程良い茹で加減のヤサイは「カラメ」コールのおかげで食べやすい。
IMG_6033
麺は平打ちの中太麺である。小麦の芳醇な香りを感じる。
IMG_6032
ブタは中ぶりでホロホロと簡単に解れるもの。味染みも良い。
IMG_6034
非乳化スープはやはり「カラメ」コールのおかげで醤油の香りが際立つ。ギトギトしているわけではないので飲みやすい。
IMG_6035
脂っKOIWAは少し塩っぱく味付けした否み難い量のアブラである。まさしく脂っこい。麺やブタを潜らすのも一興。煮玉子は料理酒の香りが仄かに感じられる。プリッとした食感が良い。卓上の魚粉をスープにドバーッと入れる。この味変も良い。完飲。
食後は小岩店から新小岩駅まで歩いた。
IMG_2944
おや?
IMG_6037
あっ...(察し)。
IMG_2945
新小岩駅まで遠すぎだろ!!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年11月21日月曜日
ラーメン二郎 小岩店
今日は学祭の片付けということに名目上はなっているが、実際には昨日のうちに片付けは終わっていることが多いため、事実上の休みだった。
そんな日には滅多に行けない小岩店に行こうと思った。
小岩店に訪れるのは5ヶ月ぶりである。
午後1時5分頃に小岩駅に着いた。
IMG_5268
午後1時20分頃にこの位置にいた。
脂っKOIWAは当然ながら売り切れだった。もっと早い時間に行かないと。
午後1時40分頃に着丼。前回は「ニンニク」コールをして失敗したので、今回は「ニンニク少なめ」で。
IMG_5269
小ラーメン(700円),豚増し券(150円),煮玉子(100円)。ニンニク少なめヤサイアブラ。ヤサイの量が多い。茹で具合はシャキッとしている。モヤシ:キャベツ=9:1である。ヤサイはほぼモヤシで味がないのでカラメ推奨か。
IMG_5270
麺は中太のストレート麺である。小麦の芳醇な香りが感じられる。麺量も程良い。
IMG_5271
ブタは中ぶりでシットリとしている。味染みはやや薄い。
IMG_5272
非乳化スープは醤油がキリッと立っている。
FullSizeRender
煮玉子はプリンとした弾力が良い。半熟である点も良い。ニンニクは香味が強い。完飲。
今度から「カラメ」コールもしたほうが良いな。
一週間毎日ラーメン二郎を摂取していたが、健康に直ちに影響はないようだ。
食後には秋葉原のヨドバシカメラで買い物をした。
IMG_5275
既視感のある名前の店員だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年6月2日木曜日
ラーメン二郎 小岩店
今日は大学の補講日で、私は補講が入ってないので、平日しか営業していないラーメン二郎 小岩店へ大学同期のT氏とともに訪問した。
小ラーメン(700円),豚増し券(150円)。ヤサイニンニクアブラ。
ヤサイはちょうど良い茹で具合である。モヤシの割合が多い。量が多いからだろうか、ニンニクは強烈な香りを放っている。アブラとニンニクとともにヤサイを頂く。
ブタは味染みが良い。シットリとした歯応えである。非常に完成度の高いブタである。
麺もちょうど良い固さである。二郎特有の中太麺感が非常に良い。小麦の旨さを感じられる。麺量は若干多い気がする。
スープは非乳化である。ニンニクやアブラと馴染ませると、パンチのあるスープとなる。このスープが食欲を掻き立てる。完飲。
「『マシ』『マシマシ』『ダブル』等対応いたしません」という店内の案内を見て「ニンニク少なめ」もできないと思い、「ニンニク」コールをしたら辛くなった。次からは「ニンニク少なめ」にしよう。
今まで行ったラーメン二郎の中でも小岩店は完成度の高い一杯を提供してくれた。二郎サークルで圧倒的人気を誇る理由が分かった気がする。同行者のT氏も絶賛していた。嬉しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ