カテゴリ:ラーメン二郎 > ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

令和3年3月31日水曜日
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
本日は年度末。私にとっては、長きに亘った学生生活(学部4年間、修士2年間)最後の日である。
本日は、社会人になる前に訪れておきたかった場所へ行った。それは、ラーメン二郎 八王子野猿街道店2である。
午前10時頃に京王多摩センター駅に到着。腹痛により、京王多摩センター駅の厠にて、令和1325回目のウンコ(令和3年169回目のウンコ)を生成した。そして、ア◯ルをアルコール除菌で拭き、駅を出発。
FullSizeRender
午前10時40分頃に到着。
FullSizeRender
開店前だが、入店できる状態だったので、食券を先買いする。本日は特別なたまごは提供していないようだ。店内を見ると、店主が賄いを召し上がっていた。FullSizeRender
2年前に来た時もこの組み合わせだった。
午前11時1分に開店。この時点で30人ほど並んでいた。
店主とCOOL山本店長と初めて見る男性助手の3人体制。「ニコニコ助手」と呼ばれているY助手も開店前に少しだけ見たが、開店後は見なかった(恐らく製麺室にいたのかな?)。FullSizeRender
先に生たまごが提供された。
午前11時21分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender
小ラーメン(790円),ブタ(150円),生たまご(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はパツパツとしている。
FullSizeRender
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油が程良い。完飲。FullSizeRender
全体的に「八王子野猿街道店2ってこんな味だっけ?」という感想が出た。スープは以前よりもライトになっており、飲みやすかった。麺は独特の食感。ラーメン二郎の麺っぽくない。ブタは脂身ばかりで残念だった。調理台前の席に座っていたので、カエシの香りが漂ってきたのだが、カエシから凄く甘い香りがした。八王子野猿街道店2と言えば、塩っぱいイメージだったので、甘いカエシは想像できない。まあ、スープには露骨なまでに甘さはなく、普段ラーメン二郎で感じるような塩っぱさを感じたので、良かったが...。
FullSizeRender
食後は大栗川の河畔で少し休憩。
帰路は京王堀之内駅から新宿駅まで。
新宿駅付近のタカシマヤタイムズスクエア内の東急ハンズにて買い物をした。本日付で失効となるポイントを消費した。
【オマケ】
IMG_3390
京王多摩センター駅から八王子野猿街道店2へ向かう際に撮影。都議会議員選挙も近い。4年前の選挙で小礒明は通ると思ったのだがなあ...。衆議院議員総選挙はいつあるのだろうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成31年2月20日水曜日
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
今日は八王子野猿街道店2に行った。
午後5時10分頃に京王堀之内駅に到着。
駅に隣接するスーパーでお茶を買った。
そして、八王子野猿街道店2へ。
年明けの営業時間変更で午後5時30分開店になったと思ったが、実は午後5時開店だった。ゆえに、到着時には当然開店していた。
小ラーメンとブタと生たまごの食券を購入。
店主とCOOL山本店長の2人体制。
入店時には満席だったが、すぐにカウンター席が空いたので、そこへ座った。
IMG_9298
先に生たまごが提供された。
午後5時34分に着丼。店主による麺上げ及び盛り付けだった。
FullSizeRender
IMG_9310

小ラーメン(750円),ブタ(150円),生たまご(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

IMG_9312
平打ちの中太ストレート麺はパツパツとしている。ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油が程良い。完飲。
IMG_9313
八王子野猿街道店2で「ヤサイニンニクアブラカラメ」コールをするのは初めてだと思うが、キツかった。麺量自体はそこまで多くはないと思うが、脂身主体のブタとシャキシャキのヤサイと濃厚乳化スープが胃の負担になる。麺は独特の香りが感じられるパツパツ麺。美味すぎてウマ娘になった。一時期はやわらかめな傾向だったが、コレジャナイ感が凄かったので、戻って良かった。
食事中に「ニコニコ助手」と呼ばれているY助手と学生バイトっぽい助手が来た。人手不足を感じさせない布陣だった。
IMG_9314
食後は胃がキツかったので、大栗川の河畔で休憩した。
その後、多摩センター駅まで歩いた。
さらに、渋谷駅から徒歩で帰宅した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年11月1日木曜日
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
今年もあと2ヶ月。瞬く間に月日が過ぎ去って行った1年だった(まだ早い)。
今日は八王子野猿街道店2の海老名さんを頂きに行った。海老名さんは先週あたりから提供していたようだが、なかなか私の都合が合わずに今日の訪問となった。
午後4時55分頃に京王堀之内駅に到着。
そこから徒歩で八王子野猿街道店2へ。
午後5時過ぎに到着。
店主とメガネ助手(COOL山本店長)の2人体制。IMG_6888
いつの間にか小ラーメンが750円に値下げしていた。
店主の麺上げ及び盛り付けだった。
こ↑こ↓のヤサイは多すぎるので、コールせず。
IMG_6893
IMG_6897
小ラーメン(750円),ブタ(150円),海老名さん(200円)。ニンニクアブラ。
IMG_6901
平打ちの中太ストレート麺はパツパツとしている。ブタは食べ応えがある。
IMG_6902
乳化スープはエビの風味がよく感じられる。完飲。
IMG_6904
Twitter等では昨年よりもエビのザラザラ感が和らいだとのレポートが多かったが、あまりそんな感じはしなかった。と言うか、昨年の味をよく覚えていないので、比較しようがなかった。まあ、エビの風味は前面に出ていたかな。麺は若干縮れた麺も混入していた。旧新小金井街道店リスペクト? 茹で加減はパツパツなもの。当たり前ではあるが、時間が経つとモチっと感が出る。ニンニクが普段(と言うほど通っていないが)よりも細かく刻まれていた。卓上のブラックペッパーはミルに変わっていた。私の座った席だけ?
帰りは京王多摩センター駅まで歩いた。この時期の八王子は寒い。昨年のこの時期に寒すぎて京王多摩センター駅までの徒歩移動を断念したことを思い出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年7月12日木曜日
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
火曜日からシークァーサーつけ麺を始めた八王子野猿街道店2へ行った。今年はなみのりつけ麺やつけSっPは提供しないのか? 昨年より1ヶ月半早いシークァーサーつけ麺の登場。今年はHOTシークァーサーというメニューもあるらしい。
午後5時50分頃に店に到着。店内は満席だった。
HOTシークァーサーの食券をポチッと押した。ブタは200円だった。
店主とクールYMMT助手と学生バイトっぽい助手の3人体制だった。途中からもう一人学生バイトっぽい助手が来た。
店主による麺上げだった。盛り付けも店主。
IMG_4918
IMG_4920
HOTシークァーサー(880円),ブタ(200円),生たまご(50円)。ヤサイニンニクアブラ。
IMG_4922
平打ちの中太ストレート麺はパツパツとしている。ブタはやわらかい。乳化スープはさわやかな酸味が良い。完飲。
IMG_4923
ブタは6枚だった。ご厚意AZMSかと思いきや、限定メニューはブタが3枚だったな...と。スープを一口飲んだ時にはガツンとシークァーサー特有の酸味が感じられたが、やがてその酸味もあまり感じられなくなった。舌が慣れてしまったのかもしれない。
隣の学生っぽいカップル客は、男がプチ二郎を、女がポッチを頼んでいた。後から来た学生っぽい客はプチ二郎を食べていた。学生客にはプチ二郎が人気なのか?
それと、学生バイトっぽい助手が私がHOTシークァーサーに悪戦苦闘している最中に麺上げしていた。
スープを完飲後、口の中に残ったモヤシやニンニクを多摩センター駅に着くまで咀嚼していた。恐らく1万回以上は噛んだことだろう。
IMG_4924
多摩センター駅付近にて伊藤俊輔のポスターを撮影した。以前来た時にはまだ希望の党のままだったが、いつの間にか国民民主党になっていた。第48回総選挙直前まで日本維新の会所属だったので、国民民主党には参加しないと思っていたが、国民民主党に参加しなければ、父親の仇敵である櫛渕万里が千葉県から戻って来てしまうとの判断だったのだろう。
IMG_4925
渋谷駅から自宅まで歩いた。疲れた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年5月22日火曜日
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
今日は「ドクロ」を提供し始めた八王子野猿街道店2へ行った。
店主とクール山本助手の2人体制かと思ったら、途中でY助手(先日新小金井街道店にいた)と学生バイトっぽい爽やかな助手(石川遼似)もいた。
店主による麺上げ及び盛り付けだった。
ドクロは醤油が効いているらしいので、八王子野猿街道店2では初の「カラメ」をコールした。
IMG_4057
IMG_4059
ドクロ(880円),ブタ(150円),生たまご(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_4061
平打ちの中太ストレート麺はブラックペッパーがよく絡んでいる。ブタは食べ応えがある。乳化タレは醤油が程良い。完飲。
IMG_4064
スープがほぼないので、吐きそうになることもなく、無事完飲した。
例によって京王多摩センター駅まで歩いた。
その後、渋谷駅から自宅まで歩いて帰った。疲れた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ