カテゴリ:ラーメン二郎 > ラーメン二郎 品川店

平成31年1月11日金曜日
ラーメン二郎 品川店
今日は夕方に品川店に行った。
午後5時50分頃に到着。到着時には外待ち5人ほどだった。
大谷晋二郎似の店主と左とん平似の助手の2人体制。
小ダブルの食券を買って現金100円を食券とともに置く際に「ブタ増しで」と言った。
午後6時10分頃に着丼。
FullSizeRender
IMG_8270
小トリプル(1000円)。ヤサイダブルニンニクアブラカラメ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。ブタは味染みが良い。微乳化スープは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
中盤までは美味しく感じられる味だった。終盤は少し単調に感じるかな。
後ろの客が麺増しをしていた。品川店の麺増しは無料らしい。
退店時には10人ほど並んでいた。
厳しい寒さの中、帰宅した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年8月30日木曜日
ラーメン二郎 品川店
今日は図書館で一日中勉強した後に品川店に行った。
普段は品川店程度の距離ならば自宅から徒歩で行くが、今日は疲れていて、しかも図書館を出た時間が午後7時55分頃だったので、京浜東北線で向かった。
品川駅から結構距離があるなあと感じた。
午後8時25分頃に到着。
目測だが、15人ほど並んでいた気がする。
女性客が比較的多かった。あとはほとんどワイシャツ姿のサラリーマンかな。
進みが異様に遅かった。
入口付近まで来た時には既に午後9時を過ぎていた。
店内をよく見ると、若いサラリーマン風の男性2人組が超ノロノロと食っていた。あの温厚で寛大な私が思わず「早く食えよ」と独り言を呟くくらい遅かった。
ノロリーマンが退店後に着席。
着席時にブタ増しをお願いした。そう、ブタトリプルである。
午後9時10分頃に着丼。
FullSizeRender
IMG_5562
小トリプル(1000円)。ヤサイダブルニンニクアブラカラメ。
IMG_5564
平打ちの中太ストレート麺はプリッとしている。ブタは味染みが良い。プルンとしている。微乳化スープは醤油が程良い。完飲。
IMG_5565
ブタはハズレの部位が2つほど入っていた。増した意味ねえな。アブラは口に含んだ瞬間に「あぁ、品川店に来たんだな」と思うくらい特徴的なものだった。
退店時にはもう「死刑宣告」済みなのか列は少なくなっていた。徒歩で向かっていたら危なかったかもしれない。まあ、その場合は品達ですた丼でも食っていただろう。
品川店は遅い時間に行っても豚入りが売っている点は推せる。ただ時間帯的に仕事帰りの勤め人が多く、回転が悪い。そこさえ改善すれば行く頻度が増えると思う。もう一つ注文を加えるならば、偉そうなことを言って恐縮だが、テボではなくヒラざるで麺上げしてくれれば、私の中での評価が上がる。一般的に、テボではヒラざるに比べて水が切れないからである。品川店の麺は好きな部類に入るのでテボで麺上げするには勿体無い。
IMG_5566
帰りは歩いて帰った。ここのところ、暑さが治まった気がするが、湿気が否み難かった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年6月22日金曜日
ラーメン二郎 品川店
今日は昼食として友人がラーメン二郎 品川店に行っていたので、それに触発されて、夜に品川店に行った。
午後7時20分頃に到着。
店内は大谷晋二郎似の店主と左とん平(故人)似の助手の2人体制だった。
午後8時に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender
小ダブル(900円),ネギ入り(100円)。ヤサイダブルニンニクアブラカラメ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。ブタはプニプニとしている。微乳化スープは醤油が程良い。完飲。
IMG_4623
久しぶりにネギ入りにしたが、ネギの支配力が強かった。パンチが加わったので、ブラックペッパーなしで完飲できた。アブラは一口で「品川店に来たんやな」と思わせるものだった。
コール時に「麺少なめ」や「麺固め」を注文する客が多かった。助手が困惑していた。食券をカウンターに置いた際に頼めよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年5月11日金曜日
ラーメン二郎 品川店
今日は某政治サークルのI氏と品川店に行った。神田神保町店や荻窪店でも良かったが、I氏の財務状況を考慮し、可能な限り交通費をカットできる品川店へ。
午後1時20分頃に到着。学生客の集団が塊になって並んでいて邪魔だった(しかも2人ほど自転車に跨ったまま並んでいた)。彼らは途中で列を抜けた。良かった。
小ダブルを購入。ネギ入りは自粛。1年以上ネギ入りを注文していないので、本当は頼みたいんだけどね。さすがに1000円使うのは、貧乏な財務状況の悪いI氏に申し訳ない。
大谷晋二郎似の店主と左とん平似の助手の2人体制だった。左とん平さん、亡くなったなあ。大杉漣と同じ時期に亡くなったので、メディアの注目度は大杉のほうが高かった。ところで、左とん平似の助手は脇毛があまり生えていなかった。やはり飲食店ということで処理しているのだろうか? 感心である。
午後1時55分頃に着丼。
FullSizeRender
IMG_3872
小ダブル(900円)。ヤサイダブルニンニクアブラカラメ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はクニュッとしている。小麦の香りが豊かである。ブタはプニュッとしている。微乳化スープはマイルドである。完飲。
FullSizeRender
一口アブラを頂いただけで、「あぁ、品川店に来たんだな」と思わせる一杯だった。麺量は想像よりも多かった。相変わらずスープが単調でパンチに欠けるので、卓上のブラックペッパーを加えながら、何とか完飲。
退店頃にカップル客が来店していた。店主が女性客に「(彼氏の隣に)移っていいよ」と連席にしていた。ここの接客は悪くない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年10月5日木曜日
ラーメン二郎 品川店
自宅から散歩がてらラーメン二郎 品川店へ。
午後7時30分頃に到着。すぐに入店。
小ダブル(900円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

ブタはミチッとした固いもの。味染みは良い。ゴロゴロと入っている。

平打ちの中太ストレート麺はクニュッとしている。

微乳化スープは醤油のコクが感じられる。

卓上のブラックペッパーをスープに入れると、単調な味にキレが加わる。完飲。

着丼時に器が熱すぎて左手薬指と小指を軽く火傷した。
まだ配膳されていないのに助手に「ヤサイとアブラを入れてください」と言った客がいて、助手に「後で聞きますので」と言われていた。その客のコールする番になった時、助手が「ヤサイとアブラで良いですね?」と客のトッピングを覚えていたのが意外だった。
半袖半ズボンで散歩に出たため、食後は思いの外寒かった。夏は終わったんやな...と。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ