平成30年5月26日土曜日
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店
今日は町田でTOEFLがあった。
前回初めて受けた時よりは体調も万全だったので、良いスコアになると期待しているが、どうだろう...。試験会場のPCのキーボードが小さすぎてライティングでタイプミスをしまくったこと以外は実力(不足)だな。ライティングは前回よりもできなかった...。スピーキングは前回並みの出来。本当に酷い。英語は読めるけど、喋れない。典型的な日本式英語教育の被害者という感じだ。
さて、TOEFLが終わり、近くの相模大野店に行くことも選択肢としてあったが、麺切れに近い時間だったので、そのまま小田急線で新宿駅まで行った。
新宿駅で下車し、新宿小滝橋通り店へ。昨年の都議選の投開票日以来の訪問である。実は初めて1人でこの店には行く。
午後3時20分頃に到着。店主っぽい長身の人が麺上げをしていた(Twitterで聞くところによれば、白髪メガネの人は店主ではないらしい)。
ここは回転率が非常に悪く、午後3時40分に着丼。
FullSizeRender
IMG_4118
ぶた入りラーメン(900円)。ヤサイニンニクアブラカタマリカラメ。
IMG_4119
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。ブタは赤身がギッシリと詰まっている。味染みは薄い。非乳化スープは旨味が感じられない。完飲。
IMG_4121
うん。麺とブタは及第点だが、スープが酷かった。金出して食うレベルじゃねえ、とまでは言わないが、ガッカリな仕上がりだった。スープはキレがなかった。豚出汁が薄いのか、化学調味料が少ないのか、パンチが効いていなかった。醤油は程良いね。満足度は70%くらい。店主(?)麺上げではなかったら、60%だった。
ちなみに、店主っぽい人は途中で帰ってしまったが、他の助手(?)が敬語を使って接していたので、上下関係から察すれば、彼が店主なのだろう。
後から来た作業員3人組の客が食券を出してから、「アブラカタマリマシマシで」だとか「ニンニク多めで」だとか言っていて呆れてしまった。助手もこれにはかったるそうな表情だった。