平成30年1月26日金曜日
ラーメン富士丸 神谷本店
今日で期末試験が終わったということで、昨年より行きたかった(昨年はラーメン二郎にしか行かないという方針だったので、行けずにいた)ラーメン富士丸 神谷本店へ。
一昨年の夏に初めて行った時以来の訪問である。その時は1時間半ほど並んだ。待ち時間を独りで過ごすのは嫌なので、およそ2週間前から二郎サークルのT氏を誘っていた。今朝の時点では、彼は体調不良で、今日の訪問が中止になると思われた(そうなった場合は、2週間前には予期できなかった寒波の影響を考え、ここではなく、八王子野猿街道店2に行っただろう)が、杞憂に終わった。
午後5時に志茂駅に到着し、午後5時10分頃に店前に到着した。先客が1人いた。
IMG_2380
凍て付く寒さの中、T氏と歓談していた。午後6時10分頃に開店した。
店内はY店主とカタコトの日本語を話す男性助手の2人体制だった。
食券を買った。今年からヤサイ増しとアブラ増しは有料になったらしい。ちょいヤサイとちょいアブラとニンニクは無料である。普段、ラーメン二郎において「ヤサイアブラ」と言っているので、神谷本店においてそれがヤサイ増しになるのかちょいヤサイになるのか迷ったので、食券を助手に渡す際に聞いた。「ヤサイ」はちょいヤサイに該当するらしい。
IMG_2381
FullSizeRender
国産ブタメン(1150円),生玉子(60円)。ちょいヤサイちょいアブラニンニク。
IMG_2389
平打ちの中太縮れ麺は小麦の香りが豊かである。グニュッとした食感である。
IMG_2386
ブタは食べ応えがある。赤身がシッカリと詰まっている。塩っぱい味付けがクセになる。
IMG_2392
乳化スープはトロトロとしている。醤油は控えめである。甘味が僅かに感じられる。ヤサイはクタ気味である。アブラとの相性が良い。
IMG_2390
生玉子を溶いて麺とブタを入れる。生玉子の甘味がブタの塩気と合わさる。完飲。
IMG_2393
先週の木曜日以来のラーメンだったので、胃がキツかった。満腹感はあるが、初回ほどの衝撃や感動はなかった。
全く関係ない話になるが、環七一之江店の助手が「麺処しろ」という店をオープンさせるらしい。ラーメン二郎業界の闇を垣間見た。