平成29年9月5日火曜日
ラーメン二郎 新潟店
土曜日に青春18切符で新潟へ行く予定だったが、腹痛と雨天のため、今日に延期した。期待が高まり、一睡もできなかった。
午前4時53分の京浜東北線で上野駅に行き、上野駅から高崎線に乗った。全く眠れなかった。途中で二郎サークルのH氏を彷彿とさせる桶川駅を通ったが、てっきり桶川市を愛知県にあるものだと思っていた(恐らく掛川市と混同)。
高崎駅から水上駅まで行き、水上駅から長岡駅へ向かった。水上駅は寒かった。長岡駅へ向かう車内、リアル変態糞土方みたいな乗客がいた。リアル糞土方は車内で弁当を食っていた。長岡駅から新潟駅までは快速線で行った。途中で少し寝た。
新潟駅には午前11時27分に着いた。水上駅の寒さとは打って変わり、新潟市は暑かった。そのまま店に向かった。
到着後、券売機で食券を買い、椅子に座った。太った中年男性助手に「メガネの兄ちゃんはそこ」と席を案内された。「メガネのおじさん」だとか「デブメガネ」と呼ばれなくて良かった。
着席時に食券をカウンターに上げて、コールを詠唱した。新潟店の独自ルールである。


ラーメン小ぶた入り(850円)。ニンニク少なめヤサイアブラ。
平打ちの中太ストレート麺はモチっとしている。
ブタは5枚中2枚がアタリである。赤身の肉感がシッカリしている。ハズレのブタは固いうえに筋張っている。特に端豚は容易には噛み切れない。
乳化傾向にあるスープは醤油も十分に感じられる。口溶けがトロトロとしている。飲みやすい。ヤサイはシャキッとしている。スープとの相性が良い。完飲。
とにかく、ブタが残念すぎた。3月に行った時は、「和豚もちぶた」は最高だと思ったが、今回は最低最悪だった。麺とスープは旨いのに勿体無い。
新潟市在住の友人Sからオススメのタレカツの店を紹介してもらったので、政家(まつりや) 新潟駅南店へ向かった。
ミニかつ丼(味噌汁,お新香付)(648円)。
タレかつは甘辛いソースが染みている。タレかつは肉厚である。衣がサクッとしている。お代わり自由の味噌汁は旨い。完飲(完食?)。
食後、すぐに新潟を出ようと思ったが、次の電車は午後3時にしか来ないため、新潟駅周辺のド◯ールコーヒーにてiPhoneの充電を行った。
今日は春学期の成績発表だが、見る気にはなれなかった。特に債権総論が心配で仕方がなかった。

午後3時前に近くのセ◯ンイレ◯ンにてルマンドアイスを購入した。新潟県に来たからにはこれは必須だろう。
午後3時7分新潟駅発の長岡駅行きの電車に乗った。長岡駅から水上駅行きの電車に乗ったが、学校帰りの小中高生が沢山乗っており、この時間帯だけでも増発できないものかと思った。六日町駅辺りでようやく座れた。ここに限らず、地方で生まれ育った人は特に進学の面で可哀想だなと思った。こんな辺鄙な場所に住んでいても、都会の予備校に課金しまくっている学生には勝てないだろう。
水上駅から高崎駅までの車内では寝ていた。高崎線でも寝ていた。とにかく眠かった。東京駅から客が増えた。新橋駅で下車し、最寄駅まで行った。


新潟県で買ったセ◯ンイレ◯ンのおにぎりだが、価格が安く設定されていた。ありがたい。関東地方で流通しているものは「わらべや日洋」という会社が製造者だが、新潟県のものは「デイリーはやしや」が製造者らしい。
成績発表を見たが、落単こそなかったものの、微妙な成績だった。今年度からS評価が追加されたので、Aの有り難みが皆無である。
とにかく疲れた。