令和2年12月13日日曜日
ラーメン二郎 仙台店
本日は午前5時50分に起床。
午前6時よりNHKBSプレミアムにて大河ドラマ『太平記』を視聴。今回は、第37回「正成自刃」。タイトルの通り、楠木正成が退場する回。俳優に転身したばかりの赤井英和(楠木正季役)の大根演技をもう見られないのは寂しい気がする。今回で「三木一草」と呼ばれた後醍醐帝に重用された4武将(結城親光、楠木正成、名和長年、千種忠顕)は全員死んだことになる(千種は作中での台詞で死が言及され、結城はそもそも作中に登場すらしていない)。
そして、午前7時から午前10時まで就寝。
起床後、仙台店に向かった。正直、今日は行くか迷った。眠さと寒さでリラクタントになってしまった...。
午前10時20分頃に到着。既に2人並んでいた。
雪混じりの雨が降っており、寒さが厳しかった。そのせいか、午前10時30分を超えても並びは3人のままだった。
午前11時32分に開店。
食券を買おうとしたところ、豚入りが売切れとなっており、店主に尋ねたところ、ミスだったらしい。これで売切れだったら...と思うと、恐ろしいよ?
店主と爽やかな男性助手とスレンダーな女性助手の3人体制。
午前11時43分に着丼。
FullSizeRender
IMG_1157
小豚ラーメン(880円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。FullSizeRender
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。FullSizeRender
本日も安定の美味しさだった。本日のヤサイは私好みのクタクタに茹でられたものだった。スープは若干(?)塩っぱさが気になった。それ以外はいつものコンテンツだった。敢えて言えば、鍋二郎の客が多数いたため、ヤサイの量が少なかったことだけが残念...。
食後は、ガスト 仙台木町通店に行った。5時間ほど滞在した。
有意義な休日だった。