令和2年3月17日火曜日
ラーメン二郎 立川店
今日も都内で用事があり、終了が微妙な時間だった。そこで、昼遅くまで営業しており、なおかつ、豚入りが売ってそうな立川店に足を運ぶことにした。
午後1時34分に立川駅に到着。
午後1時40分に立川店に到着。
外から券売機を覗くと、豚入りは残っていた。
外待ち4人に接続。
IMG_6917
今月の予定らしいが、店主の感覚だと今月は4月らしい。
午後1時50分頃に入店。
IMG_6918
立川店のおいしい水。
店主と初めて見る若い男性助手の2人体制。店主と助手の会話から、助手は仕込みも担当しているらしい。
店主の接客は丁寧で、助手が客のコールを間違えて伝えた時に「ん? 違うぞ? もう一回聞いて」と助手に促していた。退店する客に対しても「ありがとうございます! お気を付けて!」と声を掛けていた。
午後2時16分に着丼。
FullSizeRender
IMG_6927
小ぶた増し(900円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_6929
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。
IMG_6930
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
IMG_6932
久し振りに頂いたが、なぜこれまであまり訪問しなかったのだろうと思うほどのクオリティだった。特にブタがデカい点が良かった。
店主の麺上げの最終盤には麺を宙に軽く浮かせていて、見ていて面白かった。
午後2時を過ぎてもコンスタントに客が入り続けていた。回転率の悪さだけがネックだが、その弱点を補強する接客の良さが立川店にはある。
IMG_6933
東京21区から18区に国替した長島昭久のポスターが立川駅近くに残存していた。色褪せて哀愁が感じられた。次は菅直人に勝って欲しい。
食後は立川駅北口の高島屋6階にあるジュンク堂書店へ。目当ての本を入手。良きかな。