令和2年3月1日日曜日
ラーメン二郎 仙台店
令和最初の弥生が始まった。
朝起きると、ラーメン二郎 横浜関内店が営業を再開するというツイートが流れていた。流石に今日は行けないが、近いうちに機会があれば麺増し大小を頂きに行こうと思う。
今日の仙台市は朝から暖かく、春の訪れを感じることができた。
世間では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行っているが、私はラーメン二郎 仙台店に行くことにした。実に1ヶ月振りである。余談だが、ちょうど昨日仙台市でもクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した人が新型コロナウイルス感染症になったというニュースが流れていたので、もはや時間の問題だろうな。ここ1、2週間が肝心である。
さて、日曜日にラーメン二郎 仙台店に行くのは初めてであるため、仙台店常連客の方にTwitterのダイレクトメッセージ機能で並び情報などを聞くことにした。そうすると、日曜日にファーストロットを取るには午前10時30分頃に行く必要があるということが分かった。
そして、午前10時25分頃に仙台店に到着。
並びを見てみると、その常連客の方と年末の麺豚販売の時に初めてお会いした方がいた。先頭から数えて7番目に接続して、暫し歓談。先月15日の総帥喜寿祝いの話などをした。
途中で割込みをしようとした客がいたが、某常連客が阻止していた。それどころか、その割込み客に色々と話し掛けていた。
午前11時35分頃に開店。開店した頃には50人ほど並んでいた。ニンニクが新型コロナウイルスに効くという珍説でも流れているのだろうか?
店主とガタイの良い女性助手と刺青ヒゲのT助手の3人体制。
FullSizeRender
仙台店がホームになってからは初となる生卵を購入。
午前11時46分に着丼。
FullSizeRender
IMG_6727
小豚ラーメン(880円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_6729
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。
FullSizeRender
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油が程良い。完飲。
IMG_6733
久し振りすぎて滅茶苦茶美味しく感じた。麺の形状が以前よりもストレートで扁平になっていた。聞くところによると、製麺機を変えたらしい。食感はやわらかかった。スープはファーストロットから豚出汁がビンビンに出た濃厚なもの。ブタは大振りで「これぞ仙台店」と思えるような逸品。
FullSizeRender
本日の持込調味料は蒙古タンメン中本特製海老オイル。セブンイレブンでカップ麺の蒙古タンメン中本を2個購入すると1袋プレゼントというキャンペーンを2月半ばに開催していた際に頂いたもの。
IMG_6732
蒙古タンメン中本特製海老オイルを生卵に注入!海老の香りが強い。生卵に麺とブタとスープを入れる「スキヤキ」スタイルで頂いた。
帰宅途中に某氏っぽい人を見掛けて気まずかった...。