令和2年2月15日土曜日
ラーメン二郎総帥三田本店店主山田拓美特選塾員喜寿の祝い
今日はラーメン二郎総帥であり神であるところの山田拓美氏の喜寿祝い兼生前葬に参列した。開催が発表された当初は行かないつもりだったが、年末に申し込んだ。年を越すと2000円高くなってしまうからだ。
午後3時50分頃に渋谷駅に到着。
徒歩でセルリアンタワーへ。途中で爆食YouTuberのらすかる氏らしき人を見かけた。
IMG_6450
セルリアンタワー東急ホテルに到着。案内のスタッフがいて容易に辿り着けた。
IMG_6513
総帥の等身大パネルが受付前に展示されていた。受付にて名札を受領。
午後4時15分頃に開場。
IMG_6452
総帥の位牌には戒名が書かれていた。戒名は「弐郎院野菜辛目大蒜脂増居士」というらしい。心より御冥福をお祈りいたします(笑)。
IMG_6453
会場には例の模型もあった。確か三田本店の常連客が娘の大学同期だった塾員(当時卒後1年)に頼んで買いに行かせたんだよな。
IMG_6454
今回はその客がこの日のために貸し出したのだろうか?
IMG_6455
IMG_6456
IMG_6457
IMG_6458
在りし日の総帥の写真も展示されていた。当時を知る貴重な資料だと思う。一枚一枚撮れば良かったな。
IMG_6459
ここにも総帥の等身大パネルが...。顔出し看板も。
午後5時に開会した。
IMG_6464
まず、駒村圭吾慶應義塾常任理事によるお祝いの挨拶から始まった。まさか駒村圭吾が来るとは思わなかったので吹いてしまった。特選塾員認定の際のエピソードを披露していた。「ラーメンに賞を与えるのではない。山田拓美という人物に賞を与えるのだ」という言葉が強く記憶に残っている。駒村氏は相変わらず話は面白いなあ。ちなみに、筆者は学部1年時に駒村氏に憲法を教わっていた。
次に、壱番館洋服店社長の渡辺新氏が塾員を代表して挨拶した。渡辺氏は三田本店の総帥トークでよく話題が出る人物の一人だ。柔道部OBらしい。
そして、山田拓美総帥、若林克哉目黒店店主、駒村圭吾慶應義塾常任理事、渡辺新壱番館洋服店社長というカオスな面々による鏡開きが行われた。
IMG_6514
その後暫くは自由時間となったので、料理を頂くことにした。一番の人気はセルリアンタワー東急ホテル特製「二郎インスパイア」メニュー。30分程並んだ。
IMG_6467
Twitterのフォロワーの方々と料理を囲んだ。その伝手で某店舗で働いている方と会話した。IMG_6468
セルリアンタワー東急ホテル特製「二郎インスパイア」メニュー。ブタはやわらかい。味染みが良い。キャベツ率が高く、嬉しいもの。
IMG_6470
午後6時頃から生前葬が開始。総帥が死装束を見に纏い、棺桶に入るというパフォーマンスを行っていた。
IMG_6471
スクリーンには戒名が写し出されていた(「脂」が「油」になっている)。
IMG_6473
ラーメン二郎全店舗の店主が揃い踏み。新宿歌舞伎町店及び池袋東口店、新宿小滝橋通り店、品川店の店主も来ていた。しかし、京成大久保店だけ来ていなかった。新宿小滝橋通り店店主の存在に確証を持てたので良かった。
IMG_6474
午後6時10分頃より感謝状贈呈式が開始。感謝状贈呈には塾員を代表して長島昭久代議士が登場。「菅直人に負けるな〜!」というヤジに長島代議士は苦笑していた。
スクリーンに写し出された感謝状の文章(スクロールされるタイプのやつ)に合わせて、長島代議士が感謝状を読み上げていた。今年は長島氏の政治活動20周年の年でもある。長年の政治活動の賜物か、應援指導部時代から培われたものなのか、声が通っていて聞き取りやすかった。最後のほうでスクロールが早く、長島代議士が読んでいる部分が消えた時に、長島代議士の「あっ!?」という声が面白かった。
IMG_6475
長島代議士から総帥に感謝状が渡された。ちなみに、前述の駒村圭吾常任理事と長島昭久代議士は大学同期で共に小林節の弟子である。
IMG_6478
午後6時20分頃から全店舗店主によるビデオメッセージが放映された。
IMG_6485
印象に残ったメッセージは、環七一之江店店主がハーレーに乗りながら登場しメッセージを残して走り去ってゆく動画、桜台駅前店店主の裸エプロン、札幌店店主の凝った編集、京都店店主の「全裸監督」かな。
IMG_6486
会場左端のフラスタ。
IMG_6496
会場右端のフラスタ。
IMG_6488
午後6時45分頃に総帥の写真撮影大会が始まった。
IMG_6489
総帥の隣には康子夫人も。
IMG_6493
死装束から学ランに着替えた総帥。
IMG_6494
露出狂かな?
IMG_6498
この日一番のショット。
その後、会場にいた参加者全員で写真撮影をした。後ろのほうにいたので恐らく私の顔は隠れているだろう。
2時間という短い時間があっという間に感じられる充実したものだった。あと1時間は欲しいところだった。