令和2年1月22日水曜日
ラーメン二郎 神田神保町店
今日は所用で都内に行った。
その後、神田神保町店へ行った。
午後2時30分頃に到着。キッチンジロー傍のポールに接続。
到着時には店主と知人N氏似の助手と元ブロガー助手の3人体制だったが、元ブロガー助手はいつの間にか消えていた。
N氏似の助手による麺量確認の際に、「大」と答えた。神田神保町店では初めての大ラーメン挑戦である。実は3年半前にS新学院が甲子園優勝を果たした時に「神田神保町店で大ラーメンを食べる」と宣言していたが、なかなか実現できずにいた。先日、横浜関内店のちょい増しを余裕で完飲できたので、神田神保町店の大ラーメンも大丈夫だろうと思い、今回満を持して挑戦ということになった。
午後3時過ぎに入店。
大豚と生玉子の食券を購入。
午後3時17分に着丼。
FullSizeRender
IMG_6188
大豚(950円),生玉子(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_6193
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。ブタは味染みが良い。非乳化スープは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
ロット内最終提供だったので、若干不安だったが、何とか完飲できた(6人中5位で退店)。神田神保町店の椅子は微妙に座りづらいので、ほぼ立ち喰いスタイルで頂いた。店内のラジオからは国民民主党玉木雄一郎代表の代表質問が流れていた。非常に建設的な質問だった。立憲民主党との合流は反対だなあ。
さて、肝心の味のほうだが、麺は「まるで飲み物」と形容できるほどにデロ麺だった。これが美味いンだな。ブタは少し薄切りっぽかった。味染みが良かったな。スープは非乳化で飲みやすかった。
神田神保町店の大豚を完飲できたという達成感に浸りながら帰仙した。