令和元年12月2日月曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日は仙台店に行った。
午前10時50分頃にTwitterで極太麺提供の報せを見た。先週の水曜日が月曜日火曜日も助手営業だったのに店主不在だったので、もしかすると今日店主がいるかもしれないと思い、立町へ。
IMG_5136
午前11時35分頃に到着。ちょうど開店した直後でセカンドロットの客が券売機で食券を買うところだった。最後尾に接続し、セカンドロットに入れた。
店主と金髪ヒゲの男性助手と新入りの女性助手の3人体制。新入りの女性助手がファーストロットでオペミスをしまくっていて、店主が「おっ、大丈夫か大丈夫か」と困惑していた。
極太麺は9月中旬に提供を開始したが、店主不在時にしか提供しないという某店の油そばを彷彿とさせる仕様だが、11月18日は店主在店で極太麺を提供していた。私が知る限りでは、今回で店主在店かつ極太麺は2回目。
セカンドロットの麺投入から麺上げまでの時間を計ったが、9分20秒だった。
午前11時57分に着丼。
FullSizeRender
IMG_5145
小豚ラーメン(880円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_5148
平打ちの極太縮れ麺はグミグミとしている。ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
IMG_5149
極太麺は独特の食感だった。ラーメン二郎で極太麺と言えば、府中店が挙げられがちだが、府中店のそれとは違った食感だった。府中店のブリンブリンとした食感でもなく、環七新新代田店の小麦がギュッと詰まった感じでもなかった。この麺がデフォでも良い気がしたが、茹で時間の長さゆえに売上が落ちるため、デフォになることはないだろうな。
前回と同様に刻みネギとスライスチーズを持ち込んだ。