2020年09月

令和2年9月16日水曜日
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店
今日、7年8ヶ月という長きに及んだ安倍晋三内閣が総辞職した。突然の辞意表明から3週間。14日、後任の自民党総裁には菅義偉官房長官が選ばれた。そして、本日、臨時国会が招集され、首班指名選挙において菅総裁が内閣総理大臣に選ばれた。
菅総理に関して言えば、アイヌ利権が心配されるところであるが、私としては「ポスト安倍」の中では最も支持したい候補だった。まず、秋田県の農家出身で集団就職で上京という時点で物語性が強すぎる。やはり民衆を惹き付けるには、物語性は重要で、その点で菅総裁は岸田文雄、石破茂両氏よりも優れていた。なお、岸田氏に関しては、伝統的に外交ハト派で財政再建志向の宏池会の領袖なので、総裁就任を警戒していたが、2位になって一安心した(3位の石破は憲法改正以外支持するところがない)。岸田氏は、総裁選挙を経て、政治家として一皮剥けたのではないかと思う。菅内閣は、再任や再入閣ばかりで新鮮味が感じられないが、不祥事もなく安定感がありそうなので、結構期待している。願わくは、早期に衆議院を解散して欲しいところである。ここで、「悪夢の民主党政権」の劣化コピーである立憲民主党を叩き潰してもらわないと、日本の行末は危ないと思う。
で、今日は、新宿において所用があり、夕食をどこで摂るかということになったが、ダメ元で新宿小滝橋通り店に行くことにした。
午後6時頃に到着。
外から店内を覗くと、空席ありで、店主が麺上げしていた。
店主が麺上げするのであれば、是非とも頂きたいと思い、入店。
そして、ぶた入りラーメンの食券を購入。前回、平成30年5月に来た時よりも100円値上げしていた。券売機からはつけ麺の食券が消えていた...。結局、1回しか頂けなかったなあ。とある情報筋によれば、現金100円を食券に添えれば、つけ麺を頼めるらしいが、本当だろうか?
着席時に食券を助手に渡したが、その際に「ヤサイニンニクアブラカタマリカラメ」とコールした。
店主とメガネのおっさん助手と短髪太っちょのおっさん助手と30〜40代くらいの女性助手の4人体制。途中で、短髪太っちょのおっさん助手は仕事を終えて帰ってしまった。店主が麺上げ、メガネのおっさん助手が野菜を茹でたりブタをカットしていた。女性助手は接客や洗い物をしていた。途中で、短髪の小さいおっさん助手が出勤してきた。一体何人雇っているのだろうか...?
image
新宿小滝橋通り店のおいしい水。給水機がないラーメン二郎はここと三田本店と品川店くらいか?
午後6時11分に着丼。
image
image
ぶた入りラーメン(1000円)。ヤサイニンニクアブラカタマリカラメ。
image
平打ちの極太ストレート麺はモチッとしている。
image
ブタはやわらかい。微乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
image
2年半振りの新宿小滝橋通り店だったが、麺が変わっていた。府中店に匹敵するほどの極太麺だった。ただ、食感は府中店のそれとは全然違う。麺量は少なく、それも少し残念だった。ブタはホロホロだが、味染みが薄く、旨味もあまり感じられなかった。スープは酸味が気になった。まあ、ブレだろうと信じたい。
ちなみに、私の次のロットからは、短髪の小さいおっさん助手が麺上げをしていた。危なかった。
退店後、新宿駅に戻った。秋っぽい空気になったなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年9月12日土曜日
ラーメン二郎 栃木街道店
今日は午前8時45分に起床。
今日は栃木街道店に行くことにした。実は昨日行くつもりだったが、諸般の事情により今日に。今回はつけ麺を頂くことが目的。今夏最初で最後かな。
午前10時頃に出発。
午前10時50分頃に到着。既に25人ほど並んでいた。
よく見る女性助手が開店前に店舗の周りに並んだ行列を街道沿いに誘導していた。
午前11時35分に開店。
image
ギリギリ外待ちという状態に。
image
どうしても「取り組み」が気になってしまう。「取組」のほうがシックリ来る。
image
途中で雨が降り始めた。私は傘を持っていなかったので、ちょうど店舗の屋根の下で雨宿りした。地震もあったらしいが、気付かなかった。
image
そして、入店。大ラーメン豚入りとつけ麺とショウガの食券を購入。
店主と初めて見る女性助手の2人体制。列を誘導していた女性助手はいなかった。
21日は休業で、22日は昼の部のみ営業するらしい。
店主の麺上げを待っていると、マスクを着用せずに入店した高校生と思しき3人組が...。店主が「店内ではマスクをしてください」と指示していたが、3人組のうち2人はマスクを持っていないらしく、タオル等で口を覆っていた。当然ながら他の客の冷たい視線が彼らに降り注ぐ。そして、店主が女性助手に指示して、マスクを2枚提供していた。感心した。
午前12時46分に着丼。
image
image
大ラーメン豚入り(1000円),つけ麺(150円),ショウガ(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
image
冷水で締められた平打ちの中太ストレート麺はツルッとしている。ブタはやわらかい。非乳化つけ汁は辛味と酸味が程良い。完飲。
image
大盛にしなければ良かったなと思った。決して美味しくなかったわけではなく、私の胃のキャパシティに余裕がなかった。同じ方向性の仙台店のつけ麺を食べ慣れているせいか、あまり頂いた時の衝撃はなかった。それでもウマイんだけども。今年もつけ麺を頂けて良かった。
帰路、事故に遭いそうになった...。危なかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年9月6日日曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日は午前5時45分に起床。
午前6時よりNHKBSプレミアムにて大河ドラマ『太平記』を視聴。今日は第23回「凱旋」。先週は第22回「鎌倉炎上」という大河ドラマ史に残る伝説の回だった。今回は鎌倉幕府を滅ぼし、後醍醐天皇による新たな治世が訪れようとしていたが、護良親王が早速自身の処遇を巡り後醍醐天皇らに反発していた。坊門清忠(藤木孝)と勾当内侍(宮崎萬純)が初登場。
そして、本来ならば視聴後に実家に帰ろうと考えていたが、以下の理由により断念。
image
遡ること一日、昨日は仙台店でらーめん三福の煮卵とブタを提供したらしい。それには行かなかったのだが、昨日の夜に次のようなツイートが...。
image
日曜日も煮卵を提供するということで、実家に戻る準備をしていたが、揺れ動いた。結局、仙台店の煮卵を優先することにした。
そして、午前9時45分に再び起床し、出発。
午前10時20分頃に到着。PPだった。
そう言えば、日曜日のファーストロットに来るのは、7月12日以来である。
暫くはあまり並んでいたなかったが、午前11時を過ぎた頃からドッと客が来始め、開店前には列が不動産屋を越えていた。
午前11時32分に開店。
店主と奇抜な髪色の女性助手と爽やかな男性助手の3人体制。
ファーストロットには煮卵を頼む客が多かった。コールの時ではなく着席時に頼む客もいて、自分がコールする時には無くなってしまうのではないかと危惧したが、杞憂に終わった。
午前11時42分に着丼。
image
image
image
小豚ラーメン(880円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメアレ。
image
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。
image
ブタは味染みが良い。乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
image
ブタが普段とは違い、味染みがシッカリとしたものだった。店主に確認したところ、本日も仙台店のオリジナルブタとらーめん三福のブタを混ぜて提供しているらしい。煮卵は白身がプルンとしていて半熟のもの。市販のものよりもウマかった。ヤサイはクタクタに茹でられており、久し振りに日曜日のファーストロットに来た甲斐があったなと思った。
image
本日の持込調味料はコチラ。ゆず七味は使わなかった。温泉卵のタレは生卵に入れて使用。レモンペーストとカラシはブタに乗せて頂いた。
今日は心から来て良かったと思える一杯だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年9月4日金曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日は朝から晴れていた。
仙台店は一昨日と昨日が店主不在だったので、今日は店主在店でつけ麺を提供しているだろうと思い、仙台店へ。今年はあと何回仙台店のつけ麺を頂けるかなあ。
午前10時55分頃に到着。既に2人並んでいた。
午前11時25分頃に麺量確認があり、つけ麺があることが確定した。並びは15人だった。
午前11時30分過ぎに開店。
店主とTK助手と通算5回ほど見たことのある男性助手(水溜りボンドの佐藤マイケル寛太似)の3人体制。
午前11時49分に着丼。ファーストロットでの提供だった。
image
大ラーメン豚(980円),つけ麺(100円),玉ねぎ(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。冷水で締められた平打ちの中太ストレート麺はツルツルとしている。ブタは食べ応えがある。乳化つけ汁は辛味と酸味が効いている。完飲。
image
久し振りだったからか、麺増ししなくてもキツかった。玉ねぎが辛すぎる。玉ねぎの量が多すぎるので、半分くらいで丁度良いと思う。
image
本日の持込調味料は温泉卵とカラシ。味変に最適だった。
ファーストロットに大豚の食券に豚1枚追加の食券を買った客がいて、佐藤マイケル寛太似の助手から「次から止めてくださいね〜」とやんわりと注意されていた。他の店舗だったら返金措置は当たり前、最悪出入禁止だっただろう。それに比べて、仙台店は何と寛容だろうか!
午後からも暑く、途中で体調不良になった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年9月1日火曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日から長月。今年も残すところ4ヶ月となった。
午後に帰仙。仙台市内は雨が降っていた。
仙台店の夜の部に行く時にも雨が降っており、本日は自転車ではなく、徒歩で行くことにした。途中で小雨に変わったので、自転車で行けば良かったと少し後悔した。
午後5時5分頃に到着。丁度シャッターが開いた頃だった。
image
1ヶ月振りの来店。暫く行かないうちに券売機の構成が変わっていた。現金対応だった玉ねぎとチーズが食券になった。
店主とガタイの良い女性助手とスレンダーな女性助手の3人体制。
着席時には空席ありで、私はセカンドロットだった。
午後5時26分に着丼。
image
小豚ラーメン(880円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
image
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。
image
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油が程良い。完飲。
image
1ヶ月振りの仙台店のラーメンは相変わらずウマかった。ヤサイは残念ながら(?)固茹でなもの。クタクタに煮えたものに最近出会えていないので、そろそろ頂きたいところである。それ以外は良かった。
image
本日の持込調味料は、栃木県栃木市にある海老沼食品株式会社の「ゆず七味」。日光市の「小百田舎そば」という蕎麦屋で売っていたので購入。蕎麦に合う七味ということは、当然ながらラーメン二郎にも合うだろう。
退店時には雨は降っていなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ