2017年11月

平成29年11月30日木曜日
ラーメン二郎 環七新新代田店
今日はイベリコ豚仕様のラーメンを提供している湘南藤沢店に行こうと画策していたが、予定が終わったのが午後6時で、行くには少し遅いと思ったので、環七新新代田店へ。イベリコ豚は月曜日までやっていると良いなあ。
午後7時30分頃に到着。まだ宣告はされていなかった。
午後7時50分頃に宣告された。この店は常連客に甘い。
この時間でも豚入りが残っていた。許す。


小豚(900円),いいたまご(100円)。ヤサイニンニクアブラ。
丸い断面の中太ストレート麺はツルツルとしている。ブタは赤身がホロホロとしている。微乳化スープはコクがある。いいたまごは旨い。完飲。
麺が完全にいつものそれとは違った。私はいつもレポートで「平打ちの中太(または極太)ストレート(または縮れ)麺」と書いて手を抜いているが、今日はどう形容すれば良いか迷った。「立体的」とでも言えば良いだろうか。断面に関しては、今月のひばりヶ丘駅前店の細い麺の時よりは角ばっていたが、どちらかと言えば丸い断面なのかなあ。環七新新代田店特有のビラビラ感も抑え気味だった。いつもより細い麺(それでも中太くらいだが)だからか、スープの持ち上げ感も違ったなあ。
退店する直前になぜか亀戸店のオタク助手(タケシ)が入って来た。なぜかは分からない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年11月28日火曜日
ラーメン二郎 茨城守谷店
今日は時間があるので、課題になっていたニンニク味のラーメンを頂きに遥々守谷へ。
午前10時5分に南守谷駅に到着し、徒歩でラーメン二郎 茨城守谷店へ。午前10時25分頃に到着した。開店待ち2人に接続した。
午前10時30分になっても開店しない。客が続々と来始めた。

午前10時40分頃に開店した。豚入りダブルはご存命であった。ところが、サードロットで売り切れた。横浜関内店並みの難易度だ。



小ラーメン豚入りダブル(1000円),ニンニク味のラーメン(50円),ニンニクの芽(50円),生卵(50円),玉ねぎ(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
非乳化スープはニンニクの風味が強い。豚出汁と醤油がシッカリと感じられる。
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。
ブタは食べ応えがある。赤身はギッシリと詰まっている。脂身はフワフワとしている。味染みが良い。ニンニクの芽はフニャフニャとしている。
生卵に麺とブタと玉ねぎを入れる。生卵の甘味が麺とブタを包み込む。完飲。
いや〜、キツかった。次回からダブルは遠慮しておこう。それくらいキツかった。同時に達成感も得られた。
道路の向かい側のカワチにて黒烏龍茶と煮出しの黒烏龍茶を買った。徒歩で南守谷駅へ戻り、守谷駅へ。つくばエクスプレスで都内へ帰った。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年11月27日月曜日
ラーメン二郎 府中店
9月末からの長期休業以来初の来店。前回は7月に行った。
午後5時40分頃に到着。その時点で中待ちも含めて8人だった。店内は店主のみ。間も無くして助手が来た。夏にいた短髪メガネ助手だ。
営業時間はご覧の通り。土曜日か日曜日にも営業して欲しいなと思う。まあ、店主が体壊して閉店になったら元も子もないので、末永く営業できる体制なら文句は言わない。


全部入り(1050円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
平打ちの極太縮れ麺は小麦の香りが豊かである。 
ブタは赤身がギッシリと詰まっている。チーズとの相性が良い。
非乳化スープは醤油がキリッと立っている。完飲。
温泉玉子は存在感が薄い。今度行った時は頼まないかなあ。とは言いつつも、頼んでいる自分がいると思う(笑)。
前回全部入りを頼んだ時は海苔が入っていたが、今回は海苔が入っていなかった。夏に行った時にもつけ麺に海苔は付かなかったので、海苔自体が廃止されたのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年11月25日土曜日
ラーメン二郎 三田本店
今日は茨城守谷店が夜の部を営業するならそこに行こうと思っていたが、その予定はなく、神田神保町店の現店舗最終営業に行こうかなと思っていたら、MT祭の仕事が長引いて行けず、帰宅して疲れを取ろうと思っていた矢先、三田本店の夜の部に総帥が降臨していると聞き、急いで三田本店へ。実は今日の昼の部はジュニアが麺上げしているという情報を得ていたので、もしかしたら夜の部に総帥がいらっしゃるのではないかと思っていたところだった。
午後5時10分頃に到着。その時点で並びは裏口まで続いていた。今日が土曜日であることに加えて、三田祭が行われているということもあって、人が多かった。
確認したところ、総帥が麺上げをしていた。もしかすると私のロットで助手に変わってしまうかもしれない、とドキドキしながら並んでいた。
午後6時頃に着席した。総帥が麺上げだった。良かった。


ぶたダブルラーメン(800円)。麺固めヤサイニンニクアブラ。平打ちの中太縮れ麺はワシワシとした食感である。
ブタは赤身がシッカリと付いている。乳化スープはトロトロとしている。醤油が強い。完飲。
私の隣の客が食べながら、「アー、ウー」とうるさかった。静かに食事してもらいたいものだ。
今日は夜の部の営業は午後6時30分までらしいが、どうやら常連客が60人もの客を引き連れてやって来るらしい。だから、昼の部は総帥ではなくジュニアだったのか、と納得した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年11月23日木曜日
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
今日は学祭初日で、朝から駆り出されたわけだが、八王子野猿街道店2には前々から行こうと思っていたので、疲れながらも行くことにした。

目当てはエビな奴つけ麺である。今日は勤労感謝の日ということもあり、夜の部は午後4時30分からだった。午後5時頃に店に到着した。

エビな奴つけ麺(1130円),ブタ(150円),生たまご(50円),熟々卵(100円)。ヤサイニンニクアブラ。

つけ汁は海老の風味が濃厚である。

冷水で締められた平打ちの中太ストレート麺はプリッとしている。つけ汁との相性が良い。

ブタは食べ応えがある。赤身も脂身も充実している。

生たまごに麺とブタとつけ汁を入れる。生たまごの甘味が海老風味のつけ汁の絡んだ麺を包み込む。

熟々卵はブラックペッパーが効いている。麺との相性が良い。完飲。

終盤に隣の席に八王子野猿街道店2の助手が座った。プライベートで訪れたのだろうか、食券を買わずにプチ二郎を注文していた。

↑このページのトップヘ