2017年10月

平成29年10月16日月曜日
ラーメン二郎 西台駅前店
今日も朝から雨が降っていた。気分もどんよりとする。昨日無くしたSuicaが多摩中央警察署に届けられているとの一報を受けた。良かった。どんよりとした気持ちが晴れ渡った。
そうだ、そんな日はラーメン二郎に行こう。そう思い、西台駅前店へ行った。桜台駅前店が店主降臨を匂わせるメルマガを配信していたが、西台駅前店へ。実はSuicaを落とさなくとも見つからなくとも今日はここに行こうと決めていた。
午後5時40分に到着した。雨だからか、並びは3人だった。
店主と助手が三田本店は剥きニンニクを使っていて西台駅前店でも使ったら格段に味が良くなるのにと話していた。総帥は毎日2キロもニンニクを剥いているらしい。ヒロシ店主曰く、「あの人は仕事が趣味みたいなものだから」とのこと。


ラーメン小(700円),ブタ増しW(300円),青ネギ(100円),玉子(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

ブタは分厚い。味染みが良い。噛むたびに肉汁が溢れ出る。赤身がサクッとしていて旨い。安倍晋三風に言えば、ジューシー。余談だが、スープの見た目が西台駅前店初回訪問時(つまり旧店舗時代)に似ている。気のせいだろうか?
平打ちの中太ストレート麺はプリッとしている。小麦の香りが豊かである。
微乳化スープは醤油が感じられる。豚出汁もシッカリと効いている。先日のような薄味ではない。ヤサイは塩気のあるアブラとの相性が抜群である。
玉子に麺とブタと青ネギを入れる。玉子の甘味と青ネギのサッパリ加減が調和している。玉子が熱々の麺を冷やす。箸休めに良い。完飲。
旨かった...。

例によって、選挙ポスター掲示板を撮った。東京11区は下村博文が盤石だろう。都議選で駆逐された自民党都議が不憫でならない。アモーレ長友義弟を許さない市民の会を結成したい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年10月15日日曜日
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
今日は朝から雨が降っていた。何と無く眠くてリラクタントだったが、金曜日に行けなかった八王子野猿街道店2へ行った。午前11時の時点で渋谷駅にいたので、環七新新代田店でも良いかなと思ったが、結局、京王堀之内駅まで行った(後にこの判断が間違いだと知る)。
午前12時頃に到着した。
良かった、ブタ切れではなかった。ニランジャンが気になっていたので購入。きまぐれたまごも売っていたので購入。
なぜか新小金井街道店の土田助手がいた。さらに、五郎丸歩似の某麺増しの人がいた。着丼直前に助手が丼の具材を決壊させるというハプニングがあった。


小ラーメン(780円),ブタ(150円),ニランジャン(100円),きまぐれたまご(100円),たまねぎたまご(100円)。ニンニク少なめアブラ。
平打ちの中太ストレート麺はパツパツとした弾力である。
ブタは脂身が濃厚である。部位がいつもとは違う気がする。赤身が貧相というか...。しかもブタ臭さが残っている。うーん...。
乳化スープは塩気が強い。ニランジャンは程良い辛さである。ニラ特有の苦味も良い。
たまねぎたまごに麺とブタとニランジャンを入れる。生たまごの甘味とニランジャンの辛味が融合しながら食欲を掻き立てる。
かつおこんぶ味のきまぐれたまごはサッパリとしている。完飲。
食後に、東京24区の選挙ポスター掲示板を探した。堀之内会館付近にあったので写真を撮った。
まあ、萩生田光一が勝つだろう。
雨が降っていたので、怠かったが、八王子野猿街道店2に行った時は多摩センター駅まで歩くことにしているので、今回も歩いた(この判断もミスだった。理由は後ほど)。
このポスターは民進党になっているが、掲示板のものは立憲民主党のシールが上から貼られていた。可哀想である。本来なら萩生田と一騎打ちになったはずなのに。しかも共産党も候補者を擁立しているので、もう目も当てられない。まあ、民進党が散々悪事を働いていたので、その総括は必要だが。
松が谷トンネルを抜けると、多摩市だった。ということは、東京23区である。
小倉將信氏は元日銀マンでイケメンだな。しかも若い。是非とも3選して自民党若手のホープとして活躍して欲しい。
多摩センター駅前で撮った。日本維新の会の伊藤俊輔(もともと23区を地盤としていた伊藤公介の息子)は希望の党から出るらしい。
腹が痛かったので、ココリア多摩センターで用を足した。丸善にも寄って少し時間を潰した。
さて、帰ろう。ポケットの中のSuicaを手探りで探していたが、ない!!!!!
どこかで落としたようだ。ココリア多摩センターのトイレか? 丸善か? 多摩センター周辺を隈なく探したが、見つからなかった。行き来た道を戻り、松が谷トンネルを抜け、八王子野猿街道店2にも寄ったが、どこにもなかった。雨が降っていて視界が最悪だったので、きっとどこかに落ちているはずだ。
失意の中、京王堀之内駅前の交番で遺失物届けを出した。その際、「なぜここまで来たのか?」などと尋問(?)された。恥ずかしくて言うのを躊躇したが、怪しまれると思い、「ラーメン二郎に行くためにここまで来た」と言った。警官からは「新宿にもあるじゃないですか」と一般人にありがちな指摘を頂いた。
手続きが完了した。念のため、ココリア多摩センターにも電話をかけた。
なぜ、ここまでSuicaに拘るのか。多額の金が入っているからか? 否、残金は80円程度である。
このSuicaは5年前に購入し、苦楽を共にしたものだからだ。だからこそ大切にしていたし、今回無くしてしまったことが悔しい。
茫然自失になりながら帰宅。疲れた。見つかれば良いなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年10月14日土曜日
ラーメン二郎 桜台駅前店

今日は午前12時に起きた。三田本店でも良かったが、この時間だと総帥の一杯は食べられないだろう。Twitterで情報収集していると、どうやら桜台駅前店は久しぶりに店主が立っているらしい(しかもネギトッピングあり)とのことで桜台駅前店に行った。

練馬駅で下車して歩いて桜台駅前店へ。

午後2時15分頃に到着したが、並び12人くらいであった。

途中で三谷助手が券売機をカチャカチャいじり始めたので、「ネギは売り切れか〜」と落胆していたら、何とネギが売り切れになったのではなく、小豚入りが売り切れになったのだった(既にネギは売り切れ)。土曜日はこんなにも激戦なのか...。驚いた。

次に桜台駅前店に行くときは脂少なめにしようと以前から思っていたが、久しぶりの店主の一杯なので、断念した。また今度。



小ラーメン(700円),生たまご(50円)。ニンニクアブラ。

平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。ムニムニ感が堪らない。

ブタは味染みが良い。赤身はシッカリとした肉感がある。脂身はフワフワしている。ヤサイはキャベツが多い。

黄金色に染まった乳化スープはトロトロとした口溶けである。醤油もシッカリと感じられる。

生たまごに麺とブタと卓上のブラックペッパーを入れる。生たまごの甘味とスープの塩気が調和する。ブラックペッパーによりキレが加わる。完飲。

ロット内ビリで退店。やはり麺量は多いなあ。
選挙ポスター掲示板を探しに桜台駅周辺をウロウロした。
駅周辺を彷徨うこと、数分。あった...!
ん? ここは東京9区なのか? 桜台は練馬区でありながら東京10区だと思っていたが、区割り変更の影響か? まあ、菅原一秀が当選するだろう。
新江古田駅まで歩いても良かったが、寒かったので練馬駅から帰ることにした。

途中で希望の党のポスターを見つけた。

希望の党の若狭勝の選挙カーもあった。あれ、やはり10区? 選対関係者が近くの不動産屋に出入りしていたので、9区から立候補している希望の党候補もよろしく、ということだったのかもしれない。
9区から立候補している共産党候補の事務所もあった。まあ、当選はしないだろうから安心。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年10月13日金曜日
ラーメン二郎 三田本店
今日は13日の金曜日ということで八王子野猿街道店2が何かをやるということで期待していたが、前日に「辛いんじゃねー⤴︎」を提供するということを知り、少し躊躇った。それでも、夜の部に行こうと画策していたが、午後1時から3時間寝落ちしてしまい、起きたら午後4時になっていた。その時点でもまだ行くか行くまいか迷っていた。そこまで辛いメニューが好きではないので、普通のラーメンのスープが辛い場合、最悪の事態になることは容易に想像できる。髑髏の場合は食べられると思ったので、行く余地を残していた。開店凸は間に合わない時間になっていたので、ファーストロット辺りの人がTwitterにレポートを上げるのを待っていた。平日の夜の部であればブタ切れは午後7時頃なので、必死にレポートを待った。そして、某氏のレポートを見た。今日は髑髏ではないらしい。外が超寒かったこともあり、諦めた。
夕食をどうしようかと思っていたが、何となく三田本店の夜の部はご無沙汰だなと思い、三田本店へ。
午後6時50分頃に並び始めた。麺上げはジュニア。ジュニア対策で「固めの固め」で申請した。
ところが、直前で麺上げがジュニアから神田神保町店助手に変わった。運が良いのか、良くないのか。
「固めの固め」で頼んだ理由は、以前夜の部で「麺固め」を頼んだところ、デロデロに伸び切ったやる気のない麺が出てきたからだ。その時からジュニアに対する評価が180度変わった。それまでは「総帥よりもジュニアのほうが旨い!」と喧伝していたが(まあ、実際スープはジュニアのほうが程良い濃度だと思う)、この時の一杯が衝撃的だった。以来、ジュニアを避けるようになった。「固めの固め」であれば、普通の固さの麺が出るかもしれない。そのような期待から「固めの固め」を申請したのだった。


ぶたラーメン(700円)。麺固めの固めニンニク。

ブタは赤身が旨い。脂身も良い塩梅で付いている。麺はツルツルとしている。そこまで固くはない。総帥の麺上げの時よりも明らかに麺量が少ない。これが本来の三田本店の量ということか。微乳化スープはスッキリしている。醤油が程良い。完飲。

総帥麺上げの時の量は明らかに小ラーメンのそれを逸脱している(尤も、三田本店は「小ラーメン」ではないが)ので、程良い麺量だった。ただ物足りなくも感じた。スープはスッキリしていた。
帰り際にオタク3人衆とすれ違った。列を見て「全然並んでないじゃん」と言っていたが、もう宣告が出ている。「もう終わっちゃったんだよなあ」と独り言を呟き、帰った。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年10月11日水曜日
ラーメン二郎 横浜関内店
今日は開店13周年を迎える横浜関内店へ。昨日の夜に急遽告知があり、13周年を記念して味噌ラーメンを限定で提供するということで、訪問することに決めた。
人手不足からか、今年の半ばに長期休業(?)していた横浜関内店は、今年は周年祭を開催しないだろうと思っていたが、ジロリアンとかいうキチガイ人種の要望に応えてくれた。
二郎サークルのT氏とともに午後3時40分頃に訪問した。この時点でアーケードをはみ出していた。時が経つにつれ、続々と人が集まっていった。
午後4時45分頃に開店。
見たことのない初老のメガネ助手がいた。そう言えば、長期休業以来全く行っていないのだった。
初老のメガネ助手は本日は味噌ラーメンのみの提供であることを客に知らせていた。汁なしはないらしい。あったらもう一回並んだだろう。
券売機を見ると、ぶたダブルが残っているではないか!迷わずポチッと押した。後悔はしていない。横浜関内店で初めてぶたダブルを購入した。横浜関内店は小だと少ないので大を買った。


大ぶたダブル(味噌ラーメン)(940円),粉チーズ(100円),味つけ玉子(80円)。ヤサイニンニクアブラカラメベニ高菜。カラメは辛味噌が乗る。これは去年の味噌つけ麺の時と一緒である。本日は限定で高菜も無料トッピングとして提供している。
平打ちの中太ストレート麺はパツンとしている。少し固めの茹で加減がむしろ良い。
乳化スープは豚出汁の甘味と味噌の辛味が程良い塩梅で合わさっている。
ブタはホロホロと簡単に解れるやわらかいものである。甘辛い味付けが良い。程良い茹で加減のヤサイは辛味噌との相性が良い。紅生姜や高菜により辛味がさらに加わる。粉チーズは味噌をまろやかに仕上げる。味つけ玉子は半熟である。完飲。
非常に満足した。帰り際にはかなりの人数並んでいた。

川越店から花が届いていた。ホッコリした。去年の周年祭には川越店店主もいたんだよなあと懐かしんだ。
13周年おめでとうございます。

関内駅周辺で選挙ポスター掲示板を探した。
ここは神奈川1区である。麻生派の松本純前国家公安委員長の選挙区である。
対する野党は希望の党は長島一由、立憲民主党は篠原豪を擁立した。
長島一由は前逗子市長であり元衆議院議員である。第45回総選挙では神奈川4区に民主党公認として立候補し、民主党からみんなの党に移籍した浅尾慶一郎元参議院議員と自民党の林潤前衆議院議員(肩書きはいずれも当時)を下した(浅尾は比例南関東ブロックで復活当選)。東日本大震災の時にボートで遊んでいたという不祥事を起こした。今年の横浜市長選挙にも立候補して現職の林文子に負けていた。
篠原豪は江田憲司に近いせいで希望の党に入れなかった哀れな人だ。
まあ、松本純が勝つと思っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ