2017年08月

平成29年8月25日金曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日は青春18切符を使って仙台店へ行った。
宇都宮駅から午前5時18分発の始発電車に乗り、黒磯駅へ。黒磯駅から東北本線で福島駅へ。福島駅から仙台シティラビット1号に乗る予定だったが、何と(!)福島駅まで乗った車両と一緒だった。途中でJR社員が切符を確認しに来たが、青春18切符では乗れないのかとビクビクしていた(結果大丈夫であった)。
朝早く起きた(というより、ほとんど眠れなかったと解釈するのが妥当だろう)ので、眠れるかと思ったが、ほとんど眠れずに仙台駅に着いた。
乗客としては目の前のガムクチャクチャ女と独り言男性(池沼?)が不愉快だった。
途中で雨が降っていたので、雨の中開店待ちをするのは嫌だと思ったが、仙台駅に着いた時はカラッと晴れていた。
仙台駅から歩くこと20分。ラーメン二郎 仙台店に到着した。去年は仙台駅から地下鉄を使ったことが思い出された。
到着時には2人しかいなかったが、午前11時30分過ぎに開店した時には20人近く並んでいたように思う。後ろの若者の話す言葉がかなり訛っていて微笑ましかった。刺青を入れた(!)助手が開店前に麺量とラーメンかつけ麺かを訊いていた。彼はメモのためにノートを使っていた。そう言えば、去年もノートにメモしていたなと思い出した。
開店後、食券を購入した。ここは列に並ぶ前に食券を購入するが、開店前にはシャッターが閉じていたので流石にこじ開けるわけにもいかず(当たり前だ)、ジーッと待っていた。
多摩(八王子野猿街道店2,新小金井街道店)出身の店舗はブタ増しが+150円だと勝手に思っていたので、仙台店の+100円は良心的だと思った(尤も、仙台店は横浜関内店の弟子である桜台駅前店出身でもあるが...)。
店主を生で見るのは2回目だが、ネット等で見られる昔の写真を見慣れているせいか、「店主、太った?」と思ってしまった(失礼)。

小豚ラーメン(790円),つけ麺(100円),生卵(50円),生姜(50円)。ニンニク少なめヤサイアブラ。
ファーストロットにて提供される。
店主自ら(!)冷水で締めた平打ちの中太ストレート麺はツルツルとしている。コシが強い。麺量はあまり多くはない。

胡麻油と柚子胡椒と酢がよく効いたつけ汁は酸味と辛味が良い塩梅で感じられる。少量の魚粉によるサッパリとした味変も良い。熱々である。
つけ汁が麺によく絡む。
ブタは6枚入っている。やわらかい。薄切りだが、十分な量である。バラ肉特有の臭みもない。
生卵にブタと麺とつけ汁を入れる。つけ汁の酸味や辛味と生卵の甘味が絶妙に合わさる。生姜はサッパリとしている。完飲。
仙台店の生姜は食券がないので現金50円(以上)を支払うことで提供される。私は着席時に「生姜でお願いします」と助手に申告した。ところが、他の客はコールのタイミングで「ヤサイニンニク生姜!」と言っていた。どちらが正しいのだろうか?
食後に折角仙台に来たのだから牛タンを頂こうと思い、事前に知り合いの東北大生に聞いておいたオススメの牛タン屋であるところの「味太助 本店」に行った。
強い陽射しの中、20分ほど待った。並びは意外にも早く進み、入店。
ラーメン二郎 仙台店のつけ麺を完飲してから30分ほどで目の前にAセットが...。

A定食(1700円)。牛タンは肉厚である。噛むたびに牛タンの旨味が溢れ出る。麦めしとの相性は抜群である。テールスープには肉厚ながらも噛むとやわらかい骨付き肉入っている。完飲(完食?)。
その後、父親から頼まれていた「ニッカウヰスキー『伊達』」を買いにイオン 仙台店へ行った。ちなみに、私は下戸なので一切飲まないだろう。
去年も買ったが、その時はさくら野百貨店で購入したところ、そのさくら野百貨店は閉店してしまったのでイオン 仙台店へ。地下1階のトイレが汚かった。
街中のセブンイレブンで水分補給用の飲料水を買い、ウンコをした。
仙台駅でお土産の笹かまぼこを購入した。
そして、仙台に来たからには欠かせないのがずんだシェイク。午後2時4分発の福島駅行きの東北本線に乗るため、急いで完飲。
帰りの電車では専ら寝ていた。福島駅で新白河駅行きの東北本線に乗り換えた。新白河駅で足止めを食らったが、駅前には何もなかった。後から知ったことだが、日本で唯一(!)村に存在する新幹線の停車駅らしい。
そして、黒磯駅を経由して宇都宮駅に戻った。
非常に疲れた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年8月22日火曜日
ラーメン二郎 栃木街道店
今日は13日の帰省以来初めてラーメン二郎に行った。ラーメン二郎の食べ過ぎで腹が出たと両親から言われて実家にいるうちはラーメン二郎を禁止された。
二郎サークルのT氏と約束してラーメン 栃木街道店へ行った。両親には「大学同期が宇都宮に来るので多分餃子を食べることになるだろう」と言って誤魔化した。
壬生駅に午前12時に待ち合わせをした。私は東武宇都宮駅から壬生駅まで東武線を使ったが、気が狂うほど停車駅があった。午前11時22分から46分という意外にも長い時間拘束された。なお、運賃は片道308円である。
午前12時2分にT氏が到着した。壬生駅から目的地であるラーメン二郎 栃木街道店までもかなりの時間歩いた。珍しく今日は晴れていたので、汗びっしょりになった。東武線の本数や値段や駅からの距離を総合考量すれば、次からはラーメン二郎 栃木街道店へは車で行くという結論が導き出されるだろう。
午前12時20分頃にラーメン二郎 栃木街道店に到着した。平日の昼でも混んでいるのではないかと懸念していたが、杞憂に終わった。我々一行を除いて並びは外待ち3人だった。しばらくして店内に入った。T氏はつけ麺を「アレ」にするか迷っていた。しばらくして店主から麺量確認があり、T氏は「アレで!」と申告していた。 
 
栃木街道店のコップは桜台駅前店のそれに似ているなあと着丼までの時間ずっと考えていた。隣の若い女性客(比較的かわいい)がブタを1枚残して退席していた。残すくらいなら私にくれよと思っていた。
ラーメン豚入り(850円),つけ麺(150円),ショウガ(50円),生玉子(50円)。ニンニク少なめヤサイアブラ。
胡麻油と辣油の効いたつけ汁と冷水で締められた中太麺が絶妙に合う。ブタはホロホロと赤身がやわらかい。味染みも抜群である。ショウガはサッパリとしている。つけ麺にも勿論合う。完飲。
T氏は食前には連食を示唆していたが、諦めたようだ。壬生駅まで戻り、上り電車で帰るT氏を見送った。私も東武宇都宮駅まで帰った。
東武百貨店ではリンゴジュースが売ってなかったので、近くのドン・キホーテにて95円のリンゴジュース(1000ml)を購入した。半分ほど飲んで家に帰った。実は某ブロガーがリンゴジュースを飲めばニンニク臭を消せると豪語していたので、今回それを試したわけだが、帰宅後、母親にすぐにニンニク臭を勘付かれた。尤も、「餃子を食べることになるだろう」と言ってあるので、ラーメン二郎に行ったことはバレていないのであるが...。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年8月13日日曜日
ラーメン二郎 湘南藤沢店
コミケに行く予定の友人らを我が家に泊め、午前5時頃に彼らを見送った後、また午前9時まで寝ていた。そして、洗濯物を干し終わった後に、最寄駅で青春18切符を購入した。いつもと仕様が変わり、アンケート付きだったので、券売機から出る枚数が増えた。一瞬間違ったものを買ってしまったかと焦った。そのまま、藤沢駅まで電車で揺られた。睡眠時間が短いので眠れるかと思ったが、一睡もできなかった。
開店時刻ちょうどに到着。中待合室ではなく、外で待たされた。すぐに店内に入れた。ここの券売機は連続で購入しようとしてもお釣りが先に出てくる。
初めて店主の御尊顔を拝した気がする。ひばりヶ丘駅前店店主よりも市川海老蔵に似ている。「ガクちゃん」と呼ばれている助手と談笑していて厨房内は終始和やかだった。どうやら神田神保町店の大柄な助手は「タクジ」という名前らしい。
同ロットでつけ麺の食券を持っている人が少なかったので、間違った食券を購入してしまったのではないかと懸念していた。

豚入り(830円),つけ(50円),味付うずら(100円)。ニンニク少なめヤサイアブラ。
非乳化のつけ汁は胡麻油が効いている。冷水で締められた平打ちの中太ストレート麺はつけ汁によく合う。ブタは甘辛い味付けが良い。完飲。 
湘南藤沢店のつけ麺を頂くのは去年二郎サークルで行った時以来だが、相変わらず旨かった。
三太郎の日なので、藤沢駅前のミスタードーナツにてドーナツを3個購入した。急いで帰宅して帰省の準備をした。
京浜東北線でさいたま新都心駅を通過する時、デレ5thSSAに行けなかったので、微妙な気持ちになってしまった。行きたかったなあ。
明日の桜台駅前店の冷やし油そばも頂きたかった...。
大宮駅で小金井行きの東北本線に乗車した。小山駅で下車したが、ホームがウンコ臭かった。そして、無事帰省した。宇都宮は雨が降っていた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年8月12日土曜日
ラーメン二郎 神田神保町店
今日は限定のつけ麺が1日限りで提供される神田神保町店へ。しかしながら、朝から曇りの天気でつけ麺日和とは言い難かった。
午前8時30分頃に到着。この時点で既に30人ほど並んでいた。
店主はいつもタオルを巻いているので分からなかったが、髪の毛はツルツルというよりもむしろフサフサらしい。
神田神保町店は伊藤ハムから食肉を仕入れていることも知った。
午前11時頃に開店。

それから1時間後に入店できた。実に3時間半も待った。しばらく来ないうちに給水機が変わった気がする。


つけ麺小豚(900円),スダチ(100円),生玉子(50円)。ニンニク少なめヤサイアブラ。
冷水で締められた平打ちの中太ストレート麺はやわらかい。つけ汁は醤油が効いている。スダチの酸味が食欲を唆る。完飲。
大ラーメンを頼む好機だったが、小でも普通に量が多く、頼まなくて良かった。
1年前は食べられなかったので、1年越しに頂けて良かった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年8月10日木曜日
ラーメン二郎 松戸駅前店
今日は祖母の家に用事があったので、その帰りに松戸駅前店へ寄った。
実は昨日のことだが、6月に曾祖母が逝去したことを聞かされ、曾祖母逝去で祖母が落ち込んでいるので、暇なら祖母の家まで行ってやれと実家から連絡があったのだ。そして、どうせ行くならラーメン二郎にも行こうと思い、お盆休みにギリギリ被らない今日行くことにしたのだ。
IMG_9628
午後5時10分頃に到着した。平日の夜ということもあって、PPだった。
開店前には25人くらい並んでいたと思う。
IMG_9629
IMG_9630
小豚ラーメン(800円)。ヤサイニンニクアブラ。ヤサイはモヤシが多い。平打ちの中太ストレート麺はモチモチしている。
IMG_9631
ブタはフワフワしている。乳化傾向にあるスープは醤油が強い。トロトロとした喉越しである。完飲。IMG_9632
ヤサイの量が多く、キツかった。
隣のオタク客のスマホケースがミリオンライブの田中琴葉のやつだった。種田梨沙さんには早く復帰して欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ