2016年10月

平成28年10月31日月曜日
ラーメン二郎 神田神保町店
今日は授業が休講で暇になったので神田神保町店へ行こうと思った。
午後2時頃に神保町駅に到着。
午後2時50分頃に着丼。
IMG_4889
ラーメン(700円),生玉子(50円)。ニンニク少なめヤサイアブラ。アブラはフワフワしている。ヤサイは程良い茹で加減である。モヤシ:キャベツ=8:2だ。
IMG_4890
麺は比較的細めでプリッとした弾力がある。ツルツルとした喉越しが楽しめる。
IMG_4891
ブタは味染みが良い。噛み応えも十分である。
IMG_4892
スープは非乳化で醤油の味を確かに感じさせつつも諄くない優しい味である。液体アブラのおかげで冷えることのないスープは寒い日に最適である。
IMG_4893
生玉子に麺とブタを入れる。生玉子の甘さは味変に適している。完飲は控える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年10月23日日曜日
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
今日は八王子野猿街道店2に行った。今度こそ小ブタを頂くために。
IMG_4799
歩いて武蔵小杉駅まで行った。相変わらず遠い。今日は良い天気だ。
武蔵小杉駅から南武線に乗り、稲田堤駅で下車。少し歩いて京王稲田堤駅から京王相模原線に乗車。そして、京王堀之内駅へ。
IMG_4800
午前12時20分頃に到着。悲願の小ブタ購入である。
IMG_4802
FullSizeRender
小ブタ(880円),生たまごW(100円)。ニンニク少なめヤサイマシアブラマシ。まず、ヤサイの量に絶句する。明らかに多い。特にモヤシが多い。シャキシャキとしている。レンゲでスープを掬って掛けながら頂く。アブラとの相性も良い。
IMG_4804
麺はモチっとした中太麺である。噛めば噛むほど小麦の芳醇な香りが口一杯に広がる。麺量は多い。ツルツルとした喉越しも良い。
IMG_4803
ブタは大ぶりで分厚い。カエシがよく効いている。脂身も旨い。口の中でホロホロと解れる。
IMG_4806
スープは乳化傾向にあるが、醤油の味もはっきりしている。飲みやすい。
IMG_4805
生たまごを解いて麺とブタを潜らす。麺とブタが甘い味わいになる。完飲。
食後は京王多摩センター駅まで歩いた。そして、また武蔵小杉駅から自宅まで歩いて帰った。疲れた。
宇都宮で爆団テロがあったらしい。両親が巻き込まれていないか心配になったが、杞憂に終わった。

平成28年10月22日土曜日
ラーメン二郎 千住大橋駅前店
先週のデレ4thの余韻が冷めやらぬ中、友人N氏とともに千住大橋駅前店に行った。千住大橋駅前店に行くのは初めてである。千住大橋駅前店は都内にあるラーメン二郎で最後の訪問となる(立川店を除く)。
IMG_4774
午前10時45分頃に日暮里駅に着いた。そこから京成線へ。
IMG_4775
午前11時頃に到着したが、N氏が遅刻したので、なかなか列に接続できなかった。
IMG_4776
午前11時35分頃にN氏が合流した後、午前12時頃にここまで来た。千住大橋駅前店の自販機の飲料水は安い。
IMG_4779
IMG_4778
小豚(850円),生たまご(50円)。ニンニク少なめヤサイアブララー油。ヤサイはシャキッとしている。ラー油と合わせるのも良い。新鮮な感覚である。モヤシ:キャベツ=9:1だ。
FullSizeRender
麺はデロッとしている。麺量が多い。ツルツルととした喉越しが最高である。
IMG_4780
ブタは味染みが良い。渦状に巻いているブタだが、箸で簡単に解れるほどやわらかい。
IMG_4782
非乳化スープは塩っぱい。醤油の味が立っている。
IMG_4784
ラー油が混ざったスープは香味が強い。恐らく山椒だろう。スッキリとした味わいになる。
IMG_4783
生たまごを解いて麺とブタとラー油を入れる。山椒のおかげでサッパリとした仕上がりになる。麺とブタの旨さを再認識する。完飲。
我々が退店する時に高齢女性2人組が並んでいたが、確実にロット乱し及び食べ残しをするだろう。寿命が縮まらなければ良いのだが...。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年10月20日木曜日
ラーメン二郎 品川店
今日は中学同期のK氏と品川店に行くことになった。
K氏は本当は神田神保町店に行きたいようだったが、夜は神田神保町店が営業していないので、品川店になった。
自宅から武蔵小杉駅までは徒歩で移動した。
武蔵小杉駅からは横須賀線に乗った。
IMG_2870
午後6時20分頃に品川駅に着いた。
K氏は実験が長引いたらしく、午後7時頃に到着した。
IMG_4748
午後7時20分頃に品川店に到着。
IMG_4750
相変わらず変なメニュー名の券売機だ。
IMG_4751
普通盛焼豚大小ダブル(900円),煮玉子(100円)。ニンニク少なめヤサイダブルアブラダブル。アブラは少し甘い。レンゲで掬ったスープを掛けてヤサイとともに頂く。ヤサイはシャキシャキしている。モヤシ:キャベツ=7:3だ。量は少ない。
FullSizeRender
麺は比較的細めである。カエシの味が染みている。ワシワシ感も堪らない。
IMG_4753
ブタは比較的小さく薄い。表記としては「焼豚」らしいが、本当に焼いているのか疑わしい。味染みは良い。
IMG_4755
スープは乳化傾向にある。醤油は他の店舗とは違った独特の味がする。何か隠し味でもあるのだろうか? 乳化スープはトロトロとしているが、醤油もキリッと立っている。
IMG_4754
煮玉子は半熟ではない。スープとよく合う。完飲。
帰りも武蔵小杉駅から歩いた。IMG_4756
川崎市中原区某所にて撮影。

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年10月16日日曜日
ラーメン二郎 スペシャルトークショー
デレ4thSSAの余韻が未だに続いているが、今日は慶應義塾大学 日吉キャンパスにて「ラーメン二郎 スペシャルトークショー」が開催されるということで、日吉キャンパスへ。連合三田会の企画らしい。
IMG_4684
午前11時15分頃に到着。
IMG_4685
既に中央前方の席は埋まっており、仕方がなく端の席へ。
IMG_4686
総帥が登場。拍手で迎えられた。
IMG_4688
午前11時45分頃に環七新新代田店店主と助手2人が見物人として来場したのを確認した。
IMG_4689
IMG_4690
IMG_4691
目黒店の若林店主も壇上に上がっていた。
IMG_4693
IMG_4694
IMG_4697
終盤には、総帥の妻・康子氏が登場。ジュニアによる手紙も面白かった。
1時間半という時間が短く感じられた。
特に印象深い話を列挙する。
・ゲストの弁護士夫婦のオススメの店舗が京成大久保店と相模大野店で「どっちも行ったことねえな」と思ったこと。
・ゲストの1人が欠席したが、MCに電通女性社員自殺の件で来ていないのではないかとイジられていたこと。
・目黒店店主がラーメン二郎修行中に総帥の指導を見て「こんなの俺でも簡単にできると思った」と自白したこと(多分ネタ)。
・移転前に體育會の学生が後輩を嵌めるために「(メンマA,Bとのつながりで)メンマCというメニューがオススメらしい」と嘘を吐いて麺増しを食べさせて可愛がる(?)文化があったこと。
IMG_4698
IMG_4699
特製クリアファイルは家宝として保存したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ