2016年06月

平成28年6月14日火曜日
ラーメン二郎 横浜関内店
今日は日本青年会議所主催の「参議院議員選挙神奈川選挙区公開討論会」のために関内ホールへ行った。
それが終わると、サークル同期のI氏とK氏とともにラーメン二郎 横浜関内店へ行った。午後9時30分に来店したので、流石に豚入りは売り切れだった。いつになったら、この店で豚入りが買えるのだろうか...?
小ラーメン(690円),汁なし(80円)。ヤサイアブラマシマシニンニク少なめ。
上のほうのヤサイはほぼ味がない。ヤサイはホクホクと温かい。フライドオニオンとともに頂く。アブラもフワフワとしている。玉子は黄身だけである。
それを割って全体的にかき混ぜる。どんぶりの底にブラックペッパーが鏤められているので、かき混ぜることでスパイシーな味が全体に広がる。麺はパツッとした弾力のあるもの。小麦の旨味を感じる。腹に溜まりやすいのか、量が多く感じる。汁はあまり醤油が強くないマイルドなものである。ブタはホロホロとやわらかい。味染みも抜群である。
完飲。
公開討論会は、青年会議所主催ということもあって、最初に国歌斉唱をするという保守色の強いものだった。国歌斉唱中に起立すらしなかった高齢者が多かったように思う。彼らは共産党や社民党を支持しているのだろう。私は勿論威風堂々と国歌を歌った。
候補者の中で、ブルーリボンを付けていたのは金子洋一(民進党)だけだった。三浦信祐(公明党)と佐藤政則(無所属)はノーネクタイだった。
金子洋一はその見た目に反して渋い声だった。真山勇一は遅刻して参加した。
各候補者は自分の所属する政党の政策を表明するだけで、討論会とは言い難かった。自民党は憲法改正について意図的に避けているように見えた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年6月10日金曜日
ラーメン二郎 環七新新代田店
今月はここに行こうと決めていたので来店。金曜日の午後6時前に来店したが、並ばずに入れた。店主と助手が全員坊主頭だった。まるで刑務所のようだ。
小豚(850円),なまたまご(50円),とうもろこし(50円)。ヤサイアブラマシマシニンニク少なめカラメ。
レンゲがないので、箸でどんぶりをかき混ぜながら、ヤサイを頂く。 ヤサイはちょうど良い茹で具合である。キャベツの割合が多い。
アブラは味付きである。めじろ台法政大学前店の黒アブラを髣髴とさせるものである。醤油味がよく染みている。
麺は極太麺である。モッチリとした歯応えを楽しめる。量が多い。 
ブタは分厚くやわらかい。食べ応えも十分である。味染みも良い。
スープは微乳化である。全体的に黒い。そして醤油味が際立っている。なまたまごを溶いて極太麺を入れる。
さらに、とうもろこしをかける。とうもろこしは缶詰のもの。仄かに甘い。 すき焼きのようにして頂く。絶品である。ゴワッとしたブタともよく合う。濃厚醤油味ととうもろこしの甘さが絶妙なハーモニーを奏でる。完飲。

平成28年6月6日月曜日
ラーメン二郎 京急川崎店
横浜市に住んでおきながら、隣接する川崎市にあるラーメン二郎に行ってなかったのでラーメン二郎 京急川崎店へ行った。川崎駅から遠い。駅から15分ほど歩いた。
小ブタ(830円)。ヤサイアブラマシニンニク少なめカラメ。
ヤサイは程良い茹で具合である。キャベツは少なめである。シャキシャキという咀嚼音で食欲が増す。アブラは甘い。ヤサイの量は多くない。麺はラーメン二郎特有の太さである。モチップリッとしたやわらかい食感が堪らない。麺量もさほど多くはない。
ブタは非常にやわらかい。しかも分厚い。口の中でとろける感覚が素晴らしい。
スープは微乳化である。甘めの醤油味でゴクゴクと飲みやすい。完飲。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年6月2日木曜日
ラーメン二郎 小岩店
今日は大学の補講日で、私は補講が入ってないので、平日しか営業していないラーメン二郎 小岩店へ大学同期のT氏とともに訪問した。
小ラーメン(700円),豚増し券(150円)。ヤサイニンニクアブラ。
ヤサイはちょうど良い茹で具合である。モヤシの割合が多い。量が多いからだろうか、ニンニクは強烈な香りを放っている。アブラとニンニクとともにヤサイを頂く。
ブタは味染みが良い。シットリとした歯応えである。非常に完成度の高いブタである。
麺もちょうど良い固さである。二郎特有の中太麺感が非常に良い。小麦の旨さを感じられる。麺量は若干多い気がする。
スープは非乳化である。ニンニクやアブラと馴染ませると、パンチのあるスープとなる。このスープが食欲を掻き立てる。完飲。
「『マシ』『マシマシ』『ダブル』等対応いたしません」という店内の案内を見て「ニンニク少なめ」もできないと思い、「ニンニク」コールをしたら辛くなった。次からは「ニンニク少なめ」にしよう。
今まで行ったラーメン二郎の中でも小岩店は完成度の高い一杯を提供してくれた。二郎サークルで圧倒的人気を誇る理由が分かった気がする。同行者のT氏も絶賛していた。嬉しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ