令和元年10月14日月曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日は体育の日。祝日だ。
ラーメン二郎 仙台店に行った。
本来月曜日は助手麺上げのはずだが、祝日なので店主降臨と予想し、立町へ。
3連休の最終日夜の部は空いている(店主談)らしいが、午後4時40分頃に到着した時点で既にサードロットが確定な17番目に接続した。
3連休と言っても、土曜日は東日本一帯に甚大な被害をもたらした台風19号の影響でアレだったので、開店前からかなり並んでいるのか?
午後5時3分頃に新入りの女性助手が麺量確認に来た。
その直後、後ろにいたアジア系の外国人(太っちょメガネ)のツレが割り込みした。外国人ということもあり、余計なトラブルが発生する可能性があったので、スルー(私が彼らの割り込みにより被害を受ける位置だったら助手に告げ口をしていただろう)。
午後5時7分頃に開店。
店主と口元が某MUR似の男性助手と新入りの女性助手の3人体制。
小豚ラーメンの食券を購入。
割り込みをした外国人はヤニカスだったので、並び中にタバコをスパスパと吸っていて不愉快だった。
午後5時21分に豚入りが売り切れた。
その直後、麺量確認。
入店後に偶然Twitterのフォロワーの方と邂逅。少しばかり話をした。
午後5時40分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender

小豚ラーメン(880円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

FullSizeRender

平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。

FullSizeRender
相変わらず乳化スープは重い。ゴクゴクと飲めない...。
なお、ガタイの良い女性助手と店主不在時に麺上げをしている男性助手がシフトの関係か途中で加わった。
午後6時退店時には25人ほど並んでいた。