令和元年10月10日木曜日
ラーメン二郎 JR西口蒲田店
9月末に突然の閉店発表があったJR西口蒲田店。一昨年12月に行って酷評してから足が遠退いていたが、流石に最後くらいだから自分の中での評価をプラスにしたいと思い、JR西口蒲田店へ行った。横浜関内店の周年祭にも行ければ良かったが、9日水曜日に開催してしまった...。11日であれば行けたのに...。
午後5時頃に東京駅に到着。
午後5時27分頃に蒲田駅に到着。
急いでJR西口蒲田店へ向かった。
午後5時30分頃に到着。その時点で私は先頭から数えて11番目だった。
IMG_4211
まだ電気は点灯していなかった。店先のタペストリーは既に撤去されていた。
後ろに並んだ人が8月に会津若松駅前店で会った人だった。奇跡の再会。聞くところによると、閉店前に訪問しておきたかったらしい。
IMG_4212
午後6時に看板が点灯。同時に開店。開店時には20人以上並んでいた。
IMG_4214
これももう見納め。
IMG_4215
有限会社ワキミズ。「ワキミズ」だから水が美味しいのか。
IMG_4216
冷水機。3回しか来たことがないので、冷水機まで覚えていなかったが、この型なのか。
IMG_4217
券売機。これももう見納め。ぶたダブルは売り切れだった...。が、某氏が売り切れでも現金で対応してくれると言っていたことを思い出したので、ダメ元で店主に頼むと対応してくれた。ありがとうございます。
小は量が少ないので、大にした。
IMG_4221
JR西口蒲田店のおいしい水。一部界隈では水が一番ウマいらしい。
IMG_4222
別アングルからもう一枚。
IMG_4223
JR西口蒲田店のトイレ。噂によれば、店主の喫煙ルームになっていたそうだ。
IMG_4224
無造作に詰め込まれた割箸。ここ数日の閉店需要のため見られないかと思ったが、この箸の束も平常運転。
IMG_4225
おいしい水を作る冷水機。どこかの店舗もこの型だと思ったが、どこの店舗かは忘れた。
店主と3月に越谷店に挨拶に来ていたメガネの中年助手の2人体制。
ファーストロットは9杯提供。私はセカンドロットになった。
店主の所作がよく見える席だった。
午後6時24分に店主が茹で釜に麺を投入していた。
助手はブタを切ったり、ヤサイを茹でていた。
午後6時31分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender

大ダブル(1050円)。ヤサイニンニクアブラカラメトウガラシ。

IMG_4241
平打ちの中太ストレート麺はグミグミとしている。
IMG_4242
ブタはやわらかい。
FullSizeRender
非乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
FullSizeRender
今までJR西口蒲田店は私の中で低評価止まりだったが、今回の一杯はその評価を覆すクオリティだった。麺は小麦の香りが豊かなもの。グミグミとした食感がクセになる。ブタは相変わらずの薄切りで残念だったが、仙台店のブタを少し薄くした感じだ。スープはあっさりとしていてグビグビと飲めるもの。
来て良かった。
退店時にも列は途切れることもなく続いていた。雨が降っていた。
食後はトウガラシのせいか汗がダラダラと出た。
そして、足立区在住のN氏の家に行った。