令和元年9月14日土曜日
ラーメン二郎 めじろ台店
吉祥寺駅を出た後、中央線快速で西八王子駅まで。
西八王子駅から徒歩でめじろ台駅まで向かったが、遠かった。そして、暑かった。朝は涼しかったのに...。
午後4時45分頃にめじろ台駅に到着。
流石に少し時間が余ったため、京王ストア めじろ台店にて休息。
午後5時20分頃にラーメン二郎 めじろ台店に到着。PPだった。
開店時間が迫るにつれて、どんどん学生と思しき客が増えた。
午後6時に開店。
ぶた小ラーメンと汁なしラーメンの食券を購入。汁なしは移転前に一杯だけ頂いたので、かなり久し振りである。
店主と立川店出身の助手と初めて見る新入りと思しき助手の3人体制。太っちょメガネ助手は退職したようだ。新入り助手は新入りと感じさせないくらいテキパキと動いていた。
IMG_3819
めじろ台店の「聖水」。ここは全店舗の中でも珍しい氷入りの水。冷水機の機能として、水のみ、氷水、氷水のみを選択できる。ただ、少し温かった。
午後6時15分に着丼。
FullSizeRender
IMG_3829

ぶた小ラーメン(850円),汁なしラーメン(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

IMG_3833
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。ブタは食べ応えがある。微乳化タレは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
めじろ台店はアブラが実質的に他店の「アブラカラメ」と同値の味付きアブラ(通称黒アブラ)なので、一応「アブラカラメ」と表記(念のため、卓上の醤油ダレを追加したが...)。麺はストレート麺か縮れ麺か疑わしい判定が微妙なものだった(先例に従い、ストレート麺扱いとした)。麺は小麦の香りが芳ばしかった。ブタは厚切りではあるものの、少し物足りない。まあ、100円で1枚増えると思えば良いだろう。物価高騰を実感。「めじろ台法政大学前店」時代末期に頂いた時はフライドオニオンではなく白いチップ状の何かが入っていたが、今回はフライドオニオンが入っていた。
退店後は、椚田北というバス停から京王バスに乗車。西八王子駅前まで230円で行けた。
そして、中央特快にて東京駅まで向かい、上野東京ラインで宇都宮駅まで。今日は電車が遅延していて、到着が午後10時台になってしまった...。
充実した一日だった。