令和元年8月16日金曜日
ラーメン二郎 川越店
越谷店に行った後に川越店に行く予定でいたところ、予想以上に腹が膨れたので、急遽湘南藤沢店に行こうと検討したが、店主がいるか分からなかったため、川越店に行くいことにした。
午後5時38分頃に川越駅に到着。
徒歩で川越店に向かった。
IMG_3333
午後5時50分頃に到着。既に6人ほど並んでいた。
今年3月に来た時には駐輪場はなかった気がする。
午後6時に開店。
店主と柴田理恵似の大陸系女性助手の2人体制。
小豚ラーメンと冷し汁なしの食券を購入。限定トッピングはオクラとニラキムチだった。
IMG_3335
コップがステンレス製の高級なものになっていた。今年3月の時点ではまだプラスティック製のものだった。容量が入るうえ、冷たさが持続するので、推せる。
午後6時14分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender

小豚ラーメン(900円),冷し汁なし(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

IMG_3347
冷水で締められた平打ちの中太ストレート麺はグミグミとしている。ブタは味染みが良い。非乳化タレは胡麻油の風味が仄かに感じられる。完飲。
IMG_3348
ファーストロットでの提供だったが、冷し汁なしを頼んだ客は私含めて4人いたと思う。店主が麺上げした麺を金属製のザルに入れて助手が水で締めていた。それを丼に盛り付けていた。
普通の汁なしとは異なり、花かつおと揚げ玉が入っていた。仄かに薫る胡麻油(?)の香りが良かった(私は味覚がアレなので、もしかしたら胡麻油は入っていないかもしれない)。とにかく和風な仕上がりで暑い夏にもスルスルと啜れる逸品。機会があればもう一度頂きたい(多分無理)。
連食ということで食べ切れるか危惧していたが、杞憂に終わった。
食後に急いで川越駅に戻り、大宮駅を経由して、宇都宮駅に向かった。