令和元年8月7日水曜日
ラーメン二郎 越谷店
午後4時35分過ぎに宇都宮駅を出発。
最後まで越谷店か府中店かで迷ったが、豚入りが売っていることを信じて越谷店へ行くことにした。
浦和駅で下車し、京浜東北線で南浦和駅へ。南浦和駅から武蔵野線で南越谷駅まで行った。
南越谷駅から徒歩で新越谷駅へ。一刻も早く着きたいので、東武線に乗って越谷駅へ。その頃、宇都宮線が人身事故に遭ったことを知った。
午後6時20分に越谷駅へ。
早歩きで越谷店まで向かった。
外待ちもなく、中も空席がある状態だった。
入店後、店主が驚いた顔をしていた。
豚入りの食券は残存していた。
店主と「ムッチー」と呼ばれている助手と森川葵似の女性助手の3人体制。ムッチー氏は越谷店専属になったのだろうか?
着丼を待っている間、店主と少し話をした。
豚入りはいつも同じ量を仕込んでいるらしい。そのため、売り切れは大体午後7時30分頃とのこと。
午後6時35分に着丼。
FullSizeRender
IMG_3068

小豚入り(850円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

IMG_3071
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。ブタは食べ応えがある。非乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
IMG_3073
2杯目だったのでキツかった...。味は私好みのものだった。非乳化・腕肉好きには堪らない一杯。麺が独特の食感だった。ムニュップルンッとした食感だった。
宇都宮線が人身事故で動いていなかったため、久喜駅まで東武線で移動した。ところが、久喜駅でかなり待たされた......。JR線を使っておけば良かった...。
午後9時30分過ぎに宇都宮駅に到着。長い長い旅だった。