平成30年11月23日金曜日
ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店
今日はひばりヶ丘駅前店が限定メニューを提供すると告知していたので、午前中に予定を終わらせ、ひばりヶ丘駅前店へ行った。
途中で西武線の遅延に遭い、ひばりヶ丘駅に午後3時頃に到着した。
本来は午後3時から営業だったが、時間を繰り上げて午後2時から営業だったからか、店前に到着した時には並びは通りの自動販売機までで済んでいた。真夏の限定メニューの時は地獄だった。
後ろの2人組のうち1人はひばりヶ丘駅前店の学生バイト助手だった。やはり店側としてはロット乱しはイラっとするらしい。
FullSizeRender
午後4時10分頃に入店。店内の空席が2だったらしく、前の3人組を抜かしてワープした。
店主と男性助手の2人体制。
店主が助手に「次、2つお願いね」と言っていたため、助手が麺上げするのではないかとヒヤヒヤしたが、杞憂に終わった。
店主がこちらを見て手を差し出したので、コールした。ロットの最後から2食分は助手が盛り付けをした。
FullSizeRender
IMG_7355
ラーメン豚入り(850円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_7358
平打ちの中太ストレート麺はモッチリとしている。ブタはやわらかい。
IMG_7359
非乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
FullSizeRender
麺とブタはいつも(と言うほど通っていないが)通りだったが、スープが違った。非乳化で液体アブラと固形アブラが混ざったハイブリッドなものだった。味わいとしては醤油がシッカリと効いたものだった。ちょうど夏場の三田本店の総帥麺上げの時のスープに似ていた。しかしながら、醤油の厭なくどさはなく、飲みやすかった。おかげで着丼から9分で退店した。ロット内1抜けだった。
予想よりも並ばなかったことが良かった。
帰りはちょうどタイミング良くFライナーが来たので、それに乗車した。