平成30年7月27日金曜日
ラーメン二郎 千住大橋駅前店
今日で千住大橋駅前店のSIRUSUTEのニンニク油が終わるということで千住大橋駅前店に行った。
京浜東北線快速が日暮里駅に止まらないことを知らずに田端駅を過ぎてしまい、上中里駅で下車し、引き返した。
そして、午後3時10分頃に千住大橋駅に到着。
改札を出ると、千住大橋駅前店の行列が目に入った。10人ほど並んでいた。私の前でニンニク油が切れないか心配だった。
食券を買ってから並んだ。50円玉を切らしていたので、近くの自動販売機でジュースを買い、50円玉を手に入れた。10円玉5枚でもSIRUSUTEは可能なのだろうか?
私の座った席は冷房と扇風機の風がガンガンと当たる席だった。寒いくらいだった。
隣の客は着席後に店主と少し会話していた。常連客だろうか?
午後4時頃に着丼。ニンニク油はまだボトルにたっぷりと入っていた。
FullSizeRender
IMG_5164
小豚(900円),SIRUSUTE(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメラー油ニンニク油。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。ニンニク油がよく絡む。ブタは味染みが良い。非乳化スープは醤油が強い。完飲。
FullSizeRender
今日は「アブラの波状攻撃」感はなかった。
ネギ油とニンニク油の両方とも頂いたことになるが、どちらも仄かな香りが感じられるだけで、あまり味に決定打を与えるようなものではなかった。まあ、ラー油の風味が強いからネギ油やニンニク油の風味を消しているかもしれないな。とりあえず、ニンニク油は食べ納めということで。
隣の客は味玉AZMS状態だった。不公平感が否み難い。
食後は南千住駅まで歩いた。今日は涼しかった。