令和3年3月19日金曜日
ラーメン二郎 小岩店
本日は川越店開店4周年記念日。例年どおりであれば、今年も周年祭に参加する予定だったが、今年は武漢ウイルスの影響で周年祭(味噌ラーメン)を延期/中止するらしく、私も訪問を断念した。
そのため、本日は小岩店に行くことにした。約2年振りの訪問である。4月からは営業時間的に訪問困難なので、今日が食べ納めになるだろう。
自宅から自転車で訪問。
午前10時28分頃に到着。まだ開店していなかったが、並びは26人。
そして、午前10時31分に開店。
ここからがクソ長かった。
IMG_2941
午前11時5分に店前まで来た。
FullSizeRender
午前11時16分に入店。
前回来た時よりも値上げされており、脂っKOIWAは廃止されていた。
持ち帰りの生麺等を買うか迷ったが、結局買わなかった。
店主とオバちゃん助手の2人体制。
心なしか、店主の接客が良くなった気がする。FullSizeRender
小岩店のおいしい水。
FullSizeRender
卓上調味料に醤油ダレが追加。
FullSizeRender
コチラは唐辛子と魚粉。
午前11時31分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender
大ラーメン(890円),豚増し券(150円)。ヤサイニンニクカラメアブラ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。
FullSizeRender
ブタは味染みが良い。非乳化スープは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
2年振りに頂いた小岩店の一杯。正直言って、来る前は、「小岩店は、某二郎サークルの先輩方が推しているけど、流石に過大評価だよなあ」と思っていたが、この一杯を頂いて、その認識が変わった。まず、麺が有り得ないほどウマかった。小麦の香りが全面に出てくるものだった。以前よりも細くなった気がする。スープはクリアな非乳化で醤油感がバッチリ。そう言えば、厨房内を観察するに、化学調味料を入れていないように見えたが、気のせいか? もしかして、カエシに化学調味料が入っている? ともあれ、滅茶苦茶ウマいスープだった。ブタは小ぶりだが、味染みが良かった。
ああ、持ち帰りメニューを買えば良かったかなあと思えるような一杯だった。
隣の若者は着丼後直ぐに胡椒等の調味料を入れていたが、流石にそれは如何なものかと思った。
安全運転をしながら帰路に着いた。
IMG_2956
愛国学園、こんなところにあったのか...。


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和3年3月18日木曜日
ラーメン二郎 府中店
本日は府中店に行った。
午後4時55分に府中駅に到着。
徒歩で府中店まで。
到着時、既に開店しており、外待ちが6人ほどいた。
本日は大学の後輩K氏と待ち合わせていたので、彼の到着を待った。
午後5時5分に列に並び始めた。その時点で並びは我々含め8人だった。
IMG_2922
回転が良いのか、すぐに先頭へ。中待ちは1人になったらしい。緊急事態宣言が解除されるらしいので、営業時間も延びるのかなあ。
程なくして店内へ。
ブタ入り大ラーメンの食券を購入。3月1日より値上げとなっている。それでも、小ラーメンは750円なので良心的!
店主と初めて見る若い男性助手の2人体制。店主はマウスシールドをしていた。
FullSizeRender
府中店のおいしい水。
午後5時21分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender
ブタ入り大ラーメン(1050円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。FullSizeRender
平打ちの極太縮れ麺はグニュッとしている。FullSizeRender
ブタはホロホロとしている。非乳化スープは醤油が程良い。完飲。FullSizeRender
久し振りすぎて、美味かったしか言えねえ...。
麺が少し変わった気がする。気のせいか?
IMG_2916
店前に貼ってある長島昭久代議士のポスター。
IMG_2917
掲示責任者が酒井大史から別の人(ググったら、應援指導部OBで立川三田会会員の同姓同名の人がいた)に変わっていて寂しく感じた。
IMG_2918
自由民主党のところはシールが貼ってあった。上部の「未来日本」は印刷だったので、笠浩史代議士との2人会派「未来日本」の頃に印刷されたものだろう。IMG_2920
政策がある民主党が国民民主党、政策がない民主党が立憲民主党。二重国籍疑惑の参議には懲り懲りだ。IMG_2937
今夏執行予定の都議会議員選挙に向けた2連ポスターもあった。K氏と府中駅前で別れ、帰路に着いた。
ふと、セ◯ンイレ◯ンで唐揚げを買いたくなったが、我慢した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

GTRACING(ゲーミングチェア)レビュー

ラーメン二郎専用ブログのはずだが、一応、備忘録として...。

【商品について】
第4・5腰椎椎間板ヘルニアのため、椅子が欲しかったので、Amazonで安く売られていたゲーミングチェアを買った。GTRACINGというブランドのもの。自分で組み立てるタイプのやつらしい。価格としては、17,000円ほどだった。令和3年3月15日に注文し、同年同月17日に届いた。

【未開封状態①】
IMG_2892
コチラが届いたばかりのもの。かなり重かった。25キロくらいあるらしい。部屋まで運ぶのが大変だった。

【未開封状態②】
IMG_2893
支那製だからか、日本語が若干怪しい...。

【開封】
IMG_2894
箱を開けると、このような世界が広がっていた。ワクワク感が止まらない。

【説明書】
IMG_2895
説明書が入っていた。これを見ながら組み立てるらしい。説明書はツルツルとした材質だった。

【内容物①】IMG_2896
背もたれとレッグフレームとランバーサポート。ビニルで包装されている。背もたれとレッグフレームがかなり重たかった。

【内容物②】IMG_2897
座面、ガスシリンダー、リクライニング調節機、ヘッドレストなどの残りの部品。金属製のものがやはり重かった。組み立て用に軍手が1組入っていた。

【内容物③】IMG_2903
ネジやキャップなど。レンチも2種類(太細)付属している。ネジは付属のレンチで回す。ドライバー要らずなので良心的である。

【キャスター取付】
IMG_2898
まず、レッグフレームを逆さまにして、キャスターを差し込む。意外にもキャスターがハマらないので入れる角度を変えながらやっていくと、スポッと入る時がある。

【ガスシリンダー取付】
IMG_2899
レッグフレームにガスシリンダーを取り付ける。ガスシリンダーが重いので要注意。

【ガスシリンダーカバー取付】
IMG_2901
そして、その上からガスシリンダーカバーを装着。カバーは3層になっている。

【リクライニング調節機・接続部品取付①】
IMG_2902
リクライニング調節機と接続部品を座面に取り付ける。リクライニング調節機が右、接続部品が左である。

【リクライニング調節機・接続部品取付②】
IMG_2904
レンチでネジを回す。最初は仮締めしておき、所定のネジが全て入ったら、硬く閉める。リクライニング調節機は油が付着しており、ベタベタするので、軍手が必須。

【保護カバー取付①】
IMG_2905
リクライニング調節機及び接続部品の上に保護カバーを取り付ける。接続部品のカバーが取り付けづらかった。ここでは細いほうのレンチを使用。その後、プラスティック製のキャップを上から嵌める。

【座面と背もたれの接続】
IMG_2906
リクライニング調節機と接続部品の上方にネジを止め、座面と背もたれを接続する。背もたれも座面も重いので、1人で行うには結構大変な作業だった。

【保護カバー取付②】
IMG_2907
またも保護カバーを取り付ける。そろそろ慣れてきた頃で作業が着々と進む。そして、忘れずにキャップを取り付ける。

【アームレスト及びシリンダー固定台の取付①】
IMG_2908
シリンダー固定台を装着してからアームレストを取り付ける。従前のとおり、最初は仮締めしておき、所定のネジが全て入ったら、硬く閉める。

【アームレスト及びシリンダー固定台の取付②】
IMG_2909
アームレストのネジ穴が大きくなっており、どちらに寄せれば良いのか迷った。アームレストが狭いと思ったら、ネジを緩めて、左側に寄せてネジを締めれば良いのかな。

【ヘッドレスト及びランバーサポートの取付】
IMG_2910
ヘッドレスト及びランバーサポートの取付は極めて簡単だが、ゴム紐で取り付けているので、経年劣化が心配。他のゲーミングチェアもそういうものなのだろうか?

【本体とガスシリンダーを接続】
IMG_2913
ロッキング機能調整用のハンドルにガスシリンダーを付けたが、明らかに嵌まらないので、違う穴だと認識。正しい穴にはスポッと入る。約1時間半で完成した。

【評価・雑感等】
IMG_2914
・組み立てが大変だが、2万円以下という破格の価格設定ゆえに、そうなっているのだろう。
・約100キロの巨漢でも重く感じたので、ヒョロヒョロガリガリな人は組み立て自体が難しそう。
・工具なしで組み立てられる点は◎(軍手付属もさらに良し)。
・座り心地は問題なし。
・フッドレストがないことに完成してから気付いたが、安価なものなので付属していなくても仕方がない(できれば欲しいが)。
・前述のように、ヘッドレスト及びランバーサポートのゴム紐の経年劣化が心配。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ