令和2年10月11日日曜日
ラーメン二郎 仙台店
本日は午前5時54分に起床。朝から雨が降っていた。
午前6時よりNHKBSプレミアムにて大河ドラマ『太平記』を視聴。今回は第28回「開戦前夜」。北畠親房・顕家親子が後醍醐帝の皇子・義良親王を奉じて奥州へ派遣されたのに対し、尊氏が鎌倉に兵を送るために帝に直談判し、許可を得るという話。そして、尊氏と対立する大塔宮護良親王が尊氏を討とうと画策し、京に緊張が走る。次回、「大塔宮逮捕」。デュエルスタンバイ!
そして、午前7時より2時間半ほど睡眠。
午前9時30分に再び起床。
小雨が降っていたので、徒歩で行くことにした。
午前10時13分頃に到着。到着時誰もいなかったため、イオンエクスプレスに寄ろうと思っていたら、後ろから来たおっさんにPPを取られた...。
まあ、奥側の席なら良いかと思い、イオンエクスプレスで買い物をしたが、予想以上に会計に時間がかかった。外を出ると、さらに2人増えていた...。
ここで列に接続すると、4番目ということで、写真の撮りづらい席になるため、暫く列の近くで時間を潰していた。
間も無く、1人増えたため、5番目に接続。
午前11時10分時点で並びは16人。日曜日にしては空いていた。
そして、爽やかな男性助手による麺量確認があり、後ろの客が麺抜きを頼んでいた。仙台店は、ラーメン二郎の中でもかなりお好みに関して寛容な店だが、麺抜きは初めて見た。ヤサイをおかわりしまくるのだろうか?
午前11時32分に開店。この時点では並びは30人ほどいたと思う。
店主とガタイの良い女性助手と爽やかな男性助手の3人体制。
午前11時43分に着丼。
image
小豚ラーメン(880円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
image
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。
image
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
image
本日は少しブタが小さかった気がする。まあ、ブレの範囲内で十分許容できるわけだけども。スープは結構濃厚だった。ファーストロット前半にコールを聞かれたため、比較的麺はモチ感ありつつもグミっとした食感だった(食べ進めるうちにグミグミ感は薄れた)。
image
本日の持込調味料はレモンペーストと明太マヨネーズ。明太マヨネーズは汁なしに合うのではないだろうか。
例の麺抜きの客は、ヤサイをおかわりしまくっていた。「ヤサイ山盛りで!」がツボに入った。
食後は一番町四丁目商店街に行った。業務スーパーで煮出しの黒烏龍茶を買おうと思ったが、売っていなかった。
image
そばの神田東一屋は本店以外入ったが、本店はここにあるのか...。今度行こう。
image
食後のお口直しでバスキンロビンスへ。450円以上の買物2回でタオルが貰えるキャンペーンがやっていた。今回は2回目なのでタオルを頂いた。こういう機会で頂くタオルはあまり使わないんだよなあ。
image
ウーバーイーツで頼んだと思われるMcDonald'sのハンバーガーが昨日夜頃からずっと自宅のエントランスに放置されており、昼頃になっても誰も引き取っていなかった。もったいないなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年10月5日月曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日は仙台店に行った。
今日は極太麺を提供していて、昼頃に店前を通過したところ、店主がいた。並びは少なく、「暇です」というツイートが発信されるほどだった。この程度であれば、夜の部でも極太麺は残っているだろうと考え、夜の部に行こうか悩んだ。その結果、行くことにした。
午後4時40分頃に到着。既に2人並んでいた。
午後5時過ぎに開店。
店主とガタイの良い女性助手と今回で3回見たことになる男性助手(先週木曜日にも遭遇)の3人体制。
午後5時17分に着丼。
image
小豚ラーメン(880円),生卵(50円),キムチ(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
image
平打ちの極太縮れ麺はグミグミとしている。
image
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油が程良い。完飲。
image
キムチが程良い酸っぱさで良かった。
image
食後は大町西公園へ。夕焼けが綺麗だった。
image
すっかり日没が早くなったなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年10月1日木曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日から10月。今年も早かったなあという印象。
今日は朝から曇りで涼しかった。
毎月1日にはラーメン二郎に行っているが、昨日行ったことを考慮して、今日も行くか迷ったが、結局行くことにした。
午前10時53分に到着。既に2人並んでいた。
読書などをしながら開店を待った。
そして、午前11時29分に開店。定時前開店は珍しい。
PPの老爺は、ラーメン二郎に初めて来たと思われるが、セカンドロットの入口側の席から座ろうとしていた。
店主とTK助手と1回だけ見たことのある男性助手の3人体制。1回だけ見たことのある男性助手は確か4月に見たが、あの時はまだ新人だったので、つけ麺を提供できるくらい育ったということで、感慨深い。
つけ麺を頼む客は少なかった。ファーストロットで1人。
午前11時40分に着丼。
image
小豚ラーメン(880円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
image
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。
image
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油が程良い。完飲。
image
本日は最高だった。日曜日ファーストロットではないので、クタ野菜ではないのではないかと危惧していたが、そんなこともなく、シッカリクタクタに茹でられていた。スープは比較的ライトで飲みやすかった。ああ、もう今週は日曜日に行かなくて良いなあと思った。ちなみに、本日の持込調味料は、七味唐辛子(ゆず七味)とレモンペーストだった。
例の老爺は、コール時に「麺半分」と言っていたが、華麗にスルーされていた。これは撃沈だろうなあと思っていたが、意外にも食べるスピードが早かった。老爺は、私が退店した後直ぐに退店し、イオンエクスプレスでアイスを買っていた。
退店時、並びは数人だった。
明日でつけ麺は終売かなあ。天候のせいか、今日はファーストロットで1杯、セカンドロットでは0杯だったので、材料が残りそうだが...。
来週まで提供していたら心が揺れるなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ