令和2年1月22日水曜日
ラーメン二郎 神田神保町店
今日は所用で都内に行った。
その後、神田神保町店へ行った。
午後2時30分頃に到着。キッチンジロー傍のポールに接続。
到着時には店主と知人N氏似の助手と元ブロガー助手の3人体制だったが、元ブロガー助手はいつの間にか消えていた。
N氏似の助手による麺量確認の際に、「大」と答えた。神田神保町店では初めての大ラーメン挑戦である。実は3年半前にS新学院が甲子園優勝を果たした時に「神田神保町店で大ラーメンを食べる」と宣言していたが、なかなか実現できずにいた。先日、横浜関内店のちょい増しを余裕で完飲できたので、神田神保町店の大ラーメンも大丈夫だろうと思い、今回満を持して挑戦ということになった。
午後3時過ぎに入店。
大豚と生玉子の食券を購入。
午後3時17分に着丼。
FullSizeRender
IMG_6188
大豚(950円),生玉子(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_6193
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。ブタは味染みが良い。非乳化スープは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
ロット内最終提供だったので、若干不安だったが、何とか完飲できた(6人中5位で退店)。神田神保町店の椅子は微妙に座りづらいので、ほぼ立ち喰いスタイルで頂いた。店内のラジオからは国民民主党玉木雄一郎代表の代表質問が流れていた。非常に建設的な質問だった。立憲民主党との合流は反対だなあ。
さて、肝心の味のほうだが、麺は「まるで飲み物」と形容できるほどにデロ麺だった。これが美味いンだな。ブタは少し薄切りっぽかった。味染みが良かったな。スープは非乳化で飲みやすかった。
神田神保町店の大豚を完飲できたという達成感に浸りながら帰仙した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年1月19日日曜日
ラーメン二郎 横浜関内店
今日は午前6時25分に起床。
日の出直後だったからか、家の中も寒かった。
今日は店内改装のため約40日間長期休業する予定の横浜関内店の工事前最終営業に行った。
午前9時頃に関内駅に到着。
徒歩で横浜関内店まで。
先週は午前9時30分の時点で10人ほど並んでいたらしいので、余裕でぶたダブルを買える位置だろうと思っていたが、店前に着いて愕然とした。
午前9時10分頃に到着した時には既に23人ほど並んでいた。中には子連れ客も...。
横浜市内も寒く、吐く息が白かった。
午前9時30分頃に店主が店舗から出てきて、常連客に挨拶していた。その後、店主は隣の製麺室に入っていった。
午前9時39分にR助手が出勤。
午前10時開店と予想したが、午前10時になっても開店しなかった。列は既に交差点付近まで続いていた。
午前10時8分に開店。
今日は「アレ」コールで玉ねぎ納豆が入るらしい。
IMG_5918
午前10時15分に店前まで。
IMG_5919
小ぶたダブルと大ぶたダブルと味つけ玉子は売切だった。ぶたダブルが買えなかったことは遺憾である。
麺増しを検討したが、私が麺増ししたせいで食べられない客がいると可哀想だと思い、一度は断念したが、おっさんメガネ助手による麺量確認直前になって心変わりし、結局ちょい増しを申請。おっさんメガネ助手に「食べたことありますか?」と牽制された。ちょい増しはめじろ台店移転日の前日以来頼んでいないので、2年半振りか。
IMG_5920
横浜関内店もホシザキコールドウォーターディスペンサーを採用している。
午前10時38分に着席。
IMG_5922
年季の入ったカウンターも今日で見納め。
IMG_5923
営業再開後のカウンターが木目調になるのか赤色になるのか楽しみである。
IMG_5921
横浜関内店のおいしい水。
IMG_5924
別アングルからもパチリ。
IMG_5925
もう1枚パチリ。
店主とR助手とおっさんメガネ助手の3人体制。
午前10時40分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender
大ぶた(ちょい増し)(930円)。ヤサイニンニクアブラカラメベニアレ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はパツパツとしている。
FullSizeRender
ブタはやわらかい。乳化スープは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
着丼から8分で完飲。ちょい増しが余裕だと分かったので、次回は麺増し大小を頼もう。
IMG_5939
退店時の並びの様子。列が2本形成されている。
一先ずお疲れ様でした。再開を心よりお待ちしております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年1月18日土曜日
ラーメン二郎 茨城守谷店
今日は最後のセンター試験の日。懐かしい。
朝から関東では雨や雪が降っていて、寒かった。
そして、今日は茨城守谷店に行った。
茨城守谷店は昨年まで土曜日の営業時間が午前10時から午後4時までだったが、今年から午前11時30分から午後4時になった。
午前10時10分に流山おおたかの森駅に到着。つくばエクスプレスで守谷駅まで。
午前10時21分に守谷駅に到着。そして、関東鉄道常総線で南守谷駅まで行った。
午前10時35分に南守谷駅に到着。
南守谷駅に到着した時には雪が降っていた。
そして、徒歩で茨城守谷店まで。
IMG_5901
午前10時45分頃に到着。到着時に並びは0人だったので、店前のBOOKOFFで時間を潰した。
午前11時頃に外を見ると、既に列が形成されていたため、急いで最後尾に接続。先頭から数えて9番目だった。その後も開店待ちの客は増え続けた。BOOKOFFの駐車場に車を入れて並ぶ客もいた。
そして、午前11時15分過ぎに開店。
豚増しが売り切れていないかヒヤヒヤしたが、杞憂に終わった。玉ねぎは売切になっていた。
店主と髭の生えたメガネの若い男性助手と「ナカムラさん」と呼ばれているおばちゃん助手の3人体制だった。
IMG_5902
茨城守谷店のおいしい水。コップは仙台店や会津若松駅前店と同じタイプのもの。
午前11時26分頃に店主が助手に指示して券売機の豚増しを売切にしていたが、店主は「豚増しを買いたい人はウーロン茶の食券を買ってくださ〜い」と仰せになっていた。
午前11時30分に着丼。
FullSizeRender
IMG_5910
小ラーメン(750円),豚増し(150円),うずらの卵(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。
IMG_5913
ブタは味染みが良い。非乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
IMG_5914
結論から言うと、滅茶苦茶美味かった。麺はやわらかく、ブタは有り得ないほどに味が染みていた。スープは飲んでで苦にならない無限に飲めるものだった。
IMG_5915
茨城3区。警察庁キャリア官僚出身の自民党議員。正直言って、あまり好きではない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ