令和3年4月7日水曜日
ラーメン二郎 上野毛店
本日で一連の新人研修は終了した。少し物足りない気がするが、どうなのだろうか? ともあれ、明日からは通常業務だが、ここでも覚えることは山積している。荷が重い部署に配属されたなあ...。
それはそれとして、本日は研修期間が終わったということで、退勤後に上野毛店に行った。
午後6時45分頃に到着。並びは8人ほどだった。
FullSizeRender
意外にも列の進みは早く、先頭から2番目になったところで、大ぶた入りと生玉子の食券を購入した。
午後6時55分頃に入店。
店主と前回訪問時にいた学生バイトっぽい助手(慣れてそうな助手)と初めて見る30代〜40代くらいの男性助手の3人体制。
午後6時57分に豚入りが売り切れになった。危ないところだった...。
FullSizeRender
上野毛店のおいしい水。
午後7時4分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender
大ぶた入り(850円),生玉子(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。
FullSizeRender
ブタはやわらかい。非乳化スープは醤油が程良い。完飲。FullSizeRender
約2年振りの上野毛店だったが、これまであまり訪問していなかった理由が分かったかもしれない。まず、麺がユルい。ラーメン二郎の中では比較的細い部類の麺がデフォの硬さだと物凄くやわらかくなり、元々の密度の小ささ(これはあくまで憶測だが)と相俟って、「喰ってる感」がない。大盛りだが、麺で丼の中が溢れるというわけでもなく、丼がミスマッチなのか、麺量が少なすぎるのか、まあよく分からないが、次からは麺増しにしようかなと思うほどだった。ブタとスープは良かった。
隣の客がコール時に「全マシカラメ」を唱えていて、ぶん殴ってやろうかと思った。しかも、小ぶた入り麺少なめのくせに私よりも退店が遅かった。
30代〜40代くらいの男性助手曰く、ぶた入りは午後7時前にいつも売り切れるらしい。もっと早く来て欲しいとのこと。こりゃあ、流石に無理だわ...。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和3年4月4日日曜日
ラーメン二郎 環七一之江店
本日は越谷店に行くか環七一之江店に行くか迷ったが、晴れていたので自転車で環七一之江店に行くことにした。
午前9時35分頃に到着。一応、午前10時開店ということになってはいるが、既に開店しており、15人ほど並んでいた。
店の南側に自転車を駐輪している客がいた。ここはそういうルールなのか。
FullSizeRender
午前9時50分頃に先頭から5〜6番目になったため、食券を購入。
環七一之江店に訪問するのは、令和2年3月振りである。焼のり4枚入がメニューに加わっていた。
店主とイケメン助手の2人体制。
FullSizeRender
環七一之江店のおいしい水。茶色いコップに見えるかもしれないが、実は赤色のコップである。
卓上に割箸はなく、着丼時に丼の縁に添えられるスタイルになっていた。
FullSizeRender
先に生たまごと焼のりが提供された。生たまごだけの客は割ったまま提供されていたが、焼のりも頼んだ客にはこのようなかたちで提供された。
午前10時5分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender
ぶたダブル大ラーメン(1000円),生たまご(50円),焼のり4枚入(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。FullSizeRender
平打ちの中太縮れ麺はモチッとしている。FullSizeRender
ブタはプニュッとしている。乳化スープは醤油が程良い。完飲。FullSizeRender
久し振りの環七一之江店だったが、「ああ、これこれ」という感じの一杯だった。
FullSizeRender
今の時代、島村宜伸の名前を見るとは思わなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和3年4月3日土曜日
ラーメン二郎 千葉店
新年度を以て、私も勤労者の仲間入りを果たした。まだ2日しか勤務していないが、疲れた。これを35年(?)もやると思うと、先が思いやられる。疲れからか、今日は9時間半も寝てしまった...。
さて、本日は、Twitter経由で知り合ったN氏と千葉店に行った。
まず、船橋駅で待ち合わせを行った。
午後4時50分頃に合流。
午後5時10分頃に千葉駅に到着。
そこから徒歩で千葉店まで。
FullSizeRender
午後5時24分頃に到着。10人ほど並んでいた。客層は若い男性客が多かった。
FullSizeRender
回転は早く、直ぐに店内へ。
店主と男性助手とアジア系外国人と思しき女性助手の3人体制。助手2人は恐らく初めて見る方だった。
午後5時47分に着丼。
FullSizeRender
FullSizeRender
小W(1000円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
FullSizeRender
平打ちの中太縮れ麺はムニュッとしている。FullSizeRender
ブタは食べ応えがある。非乳化スープは醤油が程良い。完飲。FullSizeRender
昨年11月以来の千葉店だったが、麺が変わっていた。アブラは豚カス入りで嬉しい。アブラを口に入れた瞬間から勝利確定の一杯。昨夜以来何も摂取していない(流石に水分は摂取していたが)身体に沁み渡る。ブタは厚切りで尚且つやわらかい。スープは脂っぽさを感じつつも醤油感が味わえるバランスの良いものだった。
食後は通町公園へ。ポリ公の取り締まりに引っ掛かる車が2台もいた。
その後、千葉駅に戻り、船橋駅で解散となった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ