令和2年11月14日土曜日
ラーメン二郎 川越店
本日は午前6時30分に起床。洗濯等をした後に仙台駅に向かった。
今日と明日の目的は「Go To トラベル」キャンペーンを使い、行きたかったラーメン二郎に行くことである。初日の今日は、川越店に行く。ブタが「和豚もち豚」に変わり、麺量が減ってから、訪問していないため、以前との違いを確認したかったからだ。
午前8時20分発の東北新幹線上りに乗車。
乗車中寝ようと思ったが、全く眠れなかった。
午前9時58分に大宮駅に到着。
午前10時15分、川越線に乗車。
午前10時35分に川越駅に到着。
そこから徒歩でラーメン二郎 川越店まで。
午前10時46分頃に到着。既に1人並んでいた。
私が並び始めた後、続々と客が増え始めた。
午前11時1分に開店。
券売機は前回と異なる構成になっていた。「ラーメン」の食券が登場。以前の小ラーメンの量が食べたい場合は、「麺増し」の食券を買うらしい。豚入りにしたい場合は、「豚増し」の食券を買う。
ラーメンと豚増しとほぐし豚の食券を買った。
店主とガッシリとした長身の助手と初めて見る男性助手の3人体制だったが、初めて見る男性助手は製麺室に入ってしまったので、実質的には店主とガッシリとした長身の助手の2人体制だった。
IMG_0532
カエシ(?)のボトルが新しくなった?
午前11時12分に着丼。
FullSizeRender
IMG_0538
ラーメン(750円),豚増し(200円),ほぐし豚(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。
FullSizeRender
ブタは味染みが良い。
FullSizeRender
微乳化スープは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
麺量は以前の小ラーメンの半分らしいが、川越店開店当時の麺量に戻った気がする。そこまで多くないだろうと思ったが、予想よりも多かった。ブタは以前のものよりも好みである。味染みが良かった。スープは微乳化だった。乳化だと思っていたのでビックリした。少し化学調味料が強い気がした。乳化度を抑えたひばりヶ丘駅前店みたいな味だった。
IMG_0543
退店時は外待ちがなかった。
IMG_0545
立憲民主党との合流を巡り、党内が分裂したため、次回はこの光景が見られないかもしれないので、写真に収めた。分裂後の社民党には福島瑞穂党首だけが残留するらしい。かつて55年体制の一角を成し、2人の総理大臣を輩出(排出?)した社会民主党は、どこへ行くのだろうか? 
IMG_0546御野立の森公園にて暫く休憩。今日は暖かい。
IMG_0547
暫く来ないうちに駅前の光景も変わっていた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年11月12日木曜日
ラーメン二郎 仙台店
仙台市も冬に近づきつつあるなと感じる日々。やはり何と言っても、寒い。
今日は、仙台店の汁なしをキメたくなったので、昼の部に行くことにした。
午前11時40分頃に到着。
早速券売機で食券を買おうととしたところ、券売機に汁なしの案内がなかった。「まさか今日は提供していない...?」と思い、店主に尋ねたところ、「やってるよ〜」とのこと。
ちょうど14人ほど並んでいた。
店主とTK助手と今まで3回ほど見たことのある男性助手の3人体制。
午前12時21分に着丼。

FullSizeRender
小豚ラーメン(880円),汁なし(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。

FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。

FullSizeRender
ブタは食べ応えがある。乳化タレは醤油が程良い。完飲。

FullSizeRender
6月振りの汁なしだった。滅茶苦茶量が多く感じたのだが、気のせいか?
FullSizeRender
本日の持込調味料は鰹節と味付玉子と味付うずら。良い箸休めになった。

隣の客がカウンターの上に丼等を置かずに帰っていた。初めて仙台店に来た時も初めてラーメン二郎に来たと思われるおっさんが全然食べられずに逃げるように帰っていたが、今日の客は汁なしをロット内最速で完食していたから初心者というわけではないだろう。何があったのだろうとずっと疑問に残る出来事だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年11月7日土曜日
ラーメン二郎 仙台店
本日はぐっすりと眠ってしまい、午前12時前に起床。ココカラファインのバイトに応募したが、眠すぎてドタキャンしたり、松屋のバイトに入ったが、割烹着で草原を駆けたりする夢を見た。
午後1時30分頃に西友のつけ麺をアレンジしたラーメンを摂取した。
午後2時30分過ぎに家を出発。
まずは、仙台駅前のジュンク堂で目当ての本を探した。目当ての本は見つかったが、カバーに傷があったので、ジュンク堂では買わなかった。
そこで、AER内の丸善にて、目当ての本を探し、カバーに傷がないことを確認して、購入。
そして、駅東にある「たこ福」というたこ焼き屋にてたこ焼きを購入。
その後、榴岡三丁目公園に行った。
早速、たこ焼きを頂きながら、購入した本を読んだ。
FullSizeRender
暫くすると、ラーメン二郎 仙台店のTwitterからこのようなツイートが...。非常に行くか迷ったが、居ても立っても居られず、仙台店に向かうことにした。
午後4時5分頃に到着。誰も並んでいなかった。
読書しながら開店を待つことにした。途中で雨が降り始めた。
午後4時50分頃に店主が黒烏龍茶を調達しに来た。その後も、生卵の業者が出入りしていた。
麺半分にするか麺少なめにするか迷ったが、通常量をオーダー。やっちまった...。
午後5時2分に開店。
店主と奇抜な髪色だった(今日は黒髪)女性助手とスレンダーな女性助手の3人体制。
午後5時14分に着丼。
FullSizeRender
小豚ラーメン(880円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。

FullSizeRender
ブタは食べ応えがある。乳化スープは鶏特有の円やかな味わいが感じられる。完飲。
FullSizeRender
鶏を使ったスープは非常に円やかだった。正直、完飲する自信はなかったが、スープが円やかで飲みやすいため、何とか完飲した。クリスマスも鶏スープを提供して欲しいが、果たして...?

今日は鍋を頼む客が多かった。そろそろ寒くなり、皆でワイワイ鍋を囲む季節になってきたが、例年とは異なり、今年は武漢ウイルスが流行っている。その点を注意しながら、鍋二郎を楽しんで欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ