平成28年6月2日木曜日
ラーメン二郎 小岩店
今日は大学の補講日で、私は補講が入ってないので、平日しか営業していないラーメン二郎 小岩店へ大学同期のT氏とともに訪問した。
小ラーメン(700円),豚増し券(150円)。ヤサイニンニクアブラ。
ヤサイはちょうど良い茹で具合である。モヤシの割合が多い。量が多いからだろうか、ニンニクは強烈な香りを放っている。アブラとニンニクとともにヤサイを頂く。
ブタは味染みが良い。シットリとした歯応えである。非常に完成度の高いブタである。
麺もちょうど良い固さである。二郎特有の中太麺感が非常に良い。小麦の旨さを感じられる。麺量は若干多い気がする。
スープは非乳化である。ニンニクやアブラと馴染ませると、パンチのあるスープとなる。このスープが食欲を掻き立てる。完飲。
「『マシ』『マシマシ』『ダブル』等対応いたしません」という店内の案内を見て「ニンニク少なめ」もできないと思い、「ニンニク」コールをしたら辛くなった。次からは「ニンニク少なめ」にしよう。
今まで行ったラーメン二郎の中でも小岩店は完成度の高い一杯を提供してくれた。二郎サークルで圧倒的人気を誇る理由が分かった気がする。同行者のT氏も絶賛していた。嬉しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年5月31日火曜日
ラーメン二郎 上野毛店
昨年12月ぶりの来店である。午後5時50分頃に到着したが、私を含めて3人しかいなかった。店の中から「するわけねぇだろ、バカ」という声が聞こえた。1月に三田本店で見たことのあるメガネの助手がいた。
小ぶた入り(800円),生玉子(50円)。麺固めヤサイアブラマシマシニンニク少なめカラメ。

人生初のファーストロットで頂く。ヤサイは控えめな量である。アブラはフワフワしている。 スープを掛けながら頂く。ヤサイは良い茹で具合である。若干クタッとしている。キャベツは少ない。麺は他の店舗と比べて細い。プツプツとした食感を楽しめる。
ブタは4枚入っている。パサっとした食感である。フニャッとやわらかい。味染みは微妙だ。スープと絡ませると問題ない。
スープは非乳化であり、醤油の味が強い。若干生姜のような味がする。ギトギトしていない。スッキリとした味わいである。生玉子を解いて麺を入れてスキヤキ風にして頂く。生玉子の甘さと醤油の濃さが奏でるハーモニーは素晴らしい。さらにブタやヤサイを絡めて頂く。旨い。完飲。

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成28年5月29日日曜日
ラーメン二郎 池袋東口店
今日は某政治サークルの新歓合宿2日目の帰路、サークル同期のT氏と後輩S氏とラーメン二郎 池袋東口店へ寄った。昨年9月以来の来店である。
ブタ入り(800円)。ヤサイアブラマシマシマシニンニク少なめカラメ。ヤサイの茹で具合はシャキッとしている。スープとアブラを絡めて頂く。麺は通常のラーメン二郎よりも太い。うどんのような噛み応えである。ヌチャヌチャしている。
ブタは不味くはない(旨くもない)。獣のようなワシャワシャとした肉である。味染みも微妙である。
スープは微乳化である。醤油の味がキリッと立っている。完飲はしない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ