令和2年5月24日日曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日は昨晩から一睡もできずに、午前6時よりBSプレミアムで『太平記』を視聴。今日は北条高時(片岡鶴太郎)が長崎円喜(フランキー堺)を暗殺しようとするが、計画が円喜にバレてしまうという話だった。若い頃の豊川悦司がチョイ役として出ていた。
そして、午前7時から2時間半ほど眠り、午前9時45分頃から外出の準備をした。
そして、仙台店へ。
午前10時15分頃に到着。既に1人並んでいた。
列に接続し、ミリシタのコミュを消化して過ごした。
午前11時25分頃にスレンダーな女性助手による麺量確認。
午前11時34分に開店。
店主とスレンダーな女性助手と爽やかな男性助手の3人体制。
午前11時46分に着丼。
FullSizeRender
小豚ラーメン(880円),生卵(50円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_8060
平打ちの中太ストレート麺はグミグミとしている。
IMG_8061
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
FullSizeRender
今日はグルが少し強かった気がする。それと、麺がグミグミとしていた。恐らく同ロットに「やわらかめ」が2人いたので、いつもよりも固い仕上がりになったのだろう。個人的には仙台店の麺はもう少しバキバキでも良いかなと思いつつも、店主の「こだわり」を頂きたいので、敢えてデフォで注文し続けている。
IMG_8062
今日の持込調味料はラー油と海苔と刻みネギ。ネギは小口切り(?)にした後に水に浸し、辛味を抜いた。そのため、ネギの辛味はほとんどなく、美味しく頂けた。この技術は玉ねぎにも応用可能らしい。仙台店の玉ねぎも水で晒して辛味を抜けば良いのに。
退店時、30人ほど並んでいた。相変わらず鍋二郎やテイクアウトの客が多かった。隣のカレー屋の唐揚げが気になるなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年5月21日木曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日はビッグエラーメン二郎 仙台店に行った。
久し振りに汁なしを頂きたくなったからだ。
午前10時55分頃に到着。既に2人ほど並んでいた。
イオンエクスプレス 仙台立町店で買い物をした後に列を見ると、4人に増えていた。
先頭から5番目に接続。
午前11時20分頃にスレンダーな女性助手による麺量確認があった。今日は無事汁なしを提供するらしい。後ろのサラリーマン風の客が店主がいるか聞いていた。そして、助手にクリアファイルに入った書類(?)を渡していた。
午前11時30分頃に奇抜な髪色の女性助手から「券売機の鍵を忘れたので15分ほど開店が遅れる」旨報告と謝罪があった。
列は不動産屋前を越え、交差点まで続いていた。
午前12時頃に漸く開店。
店主と奇抜な髪色の女性助手とスレンダーな女性助手の3人体制。
小豚ラーメンの食券を買った。今日は同ロットで豚入りを買う人が多かった。それと、テイクアウト再開ツイートに釣られたのか、持ち帰りの客が多く、本来サードロット辺りで並んでいた客がセカンドロットの席に座っていた。
後ろのサラリーマン風の客は太子食品工業(仙台店のモヤシはその会社が作っている)の社員だった。
午前12時13分に着丼。
FullSizeRender
小豚ラーメン(880円),汁なし(100円),玉ねぎ(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
IMG_7989
平打ちの中太ストレート麺はモチッとしている。
IMG_7990
ブタは食べ応えがある。乳化タレは醤油が程良い。完飲。
FullSizeRender
汁なしの時は「カラメ」は適用されず、いつも卓上のカエシを使っていたが、今日は奇抜な髪色の女性助手がカラメ仕様にしていた。助手によって違うのか?
今日の持込調味料は、ラー油と刻み海苔と青ネギとからしマヨネーズと魚粉
IMG_7991
盛り付けに一苦労だった。
FullSizeRender
そして、割りスープを頂いた。これもウマい。
玉ねぎは量が多いので、食後の胃もたれが否み難かった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年5月17日日曜日
ラーメン二郎 仙台店
今日は午前5時30分に起きた。曇りの予報だったはずだが、晴れていた。洗濯機を回し、洗濯物を干した。
例によってBSプレミアムにて『太平記』を視聴。
午前7時から午前9時30分まで就寝。
起きてから昨日から物干し竿に干しっ放しの洗濯物を取り込んだ。今日洗濯したタオル等はまだ乾いていなかった。
冷蔵庫にある玉ねぎを角切りにし、タッパーに入れた。味付玉子も1個入れた。
午前10時15分頃に仙台店に到着。誰も並んでいなかった。
イオンエクスプレス 仙台立町店で黒烏龍茶を購入。1本150円はお買い得。
店を出ると、1人並んでいた。先頭から5番目くらいが良いので、4人目が埋まるまで待っていたが、なかなか4人目が来ず、仕方がなく、私が4人目になった。すると、前に並んでいたイカツイオッさん2人組が順番を譲ってくれた。結果的に、2番目に。
その後は、かなりのハイペースで客が来始め、開店前には不動産屋前まで列が続いていた。
午前11時35分に開店。
店主とガタイの良い女性助手と爽やかな男性助手の3人体制。なお、先週も見た長髪ヒゲの男性助手がPPの席に座っていた。彼は辞めたと聞いていたが、時間があるときには手伝っているらしい。今生の別れではなかったのかと一安心した。
FullSizeRender
現金100円で玉ねぎを頼めるので、注文。持込調味料として玉ねぎを持ってきたが、何か言われそうなので予防策として。店主曰く、玉ねぎはレギュラーメニュー化したらしい。ああ、これでわざわざ目を痛くしてまで玉ねぎを持って来なくても良いのだな...。
午前11時53分に着丼。
FullSizeRender
小豚ラーメン(880円),生卵(50円),玉ねぎ(100円)。ヤサイニンニクアブラカラメ。
FullSizeRender
平打ちの中太ストレート麺はムニュッとしている。
IMG_7948
ブタは食べ応えがある。乳化スープは醤油がシッカリと感じられる。完飲。
IMG_7949
玉ねぎはザク切りで、持ち込んだものとほぼ同じだった。八王子野猿街道店2のように玉ねぎたまごにして頂いた。流石に口の中が痛く、持込調味料の玉ねぎは全て使えなかった。味付玉子はめんつゆで味付けしたもの。これがなかなかウマかった。今日はスープがかなり濃く、飲みづらかった。それ以外は良かった。
鍋二郎や先週始まったテイクアウトを頼む客が多かった。
退店時には豚入りが売切になっていた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ